モネロについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

匿名性が高いサービスが不動の人気を誇っています。

Twitter(ツイッターです)、匿名掲示板(2chです)などが広く浸透しています。

仮想通貨業界の匿名性を漂わせる暗号通貨が増加しています。

プライバシー保護やセキュリティーの向上などの個人情報に関する事例が日々増えています。

モネロコインは、こだわりが強すぎるコインです。


モネロについて

モネロは、ブロックチェーンを利用した暗号通貨です。

別名は、ビットモネロです(BitMoneroです)。

XRPは、デジタル通貨(アルトコインです)の1種です。

CryptoNoteプロトコルに基づいたオープンソースであるProof of Workを使用しています。

プルーフ・オブ・ワークは、送金の認証方法です。

大きな特徴は、ビットコインよりも匿名性が高いアルトコインです。

しかし、犯罪やハッカー等に利用される可能性があります。

ちなみに、Bytecoin(バイトコインです)と呼ばれるコインのソースコードを元に採用されていて、

Bitcoinのソースコードを元にしていません。

 

安全性が高い…匿名性に特化しています(プライバシー保護です)。

取引の追跡不可能にするシステム(技術です)が搭載されています。

そして、モネロの取引記録は一般公開されますが、匿名性が強いので外部から追跡できません。

閲覧用の秘密鍵を所有している人のみ取引履歴を確認する事ができます。

ちなみにビットコインの場合は、公開帳簿式を採用しているので送金記録が残ります。

ビットコインアドレスを利用すると誰でも閲覧ができます(ビットコインの保有数が分かります)。

モネロのアドレスは、閲覧用アドレスと送金用アドレスの2種類の秘密鍵から生成されています。

そして送金する度にマスターキーがランダムにワンタイムアドレスを生成します。

送金時は、ワンタイムアドレス宛てにコインを送信するので、取引履歴を確認する事はできません。

ちなみに閲覧用の秘密鍵を公開する事によって、取引履歴のみを外部公開できます。

 

取引可能額が高い…多額の取引ができます。

ブロックサイズの制限はありません。

複数の取引をスムーズに処理する事ができます。

 

送金スピードが高い…リング署名システムを搭載されています。

リング署名システムは、公開鍵を複数のグループで生成して、

署名はグループの他人である事を証明する技術です。

これは複数による署名を行うので、個人を特定する事が難しいです。

そして、送受金する際の額が隠されています。

モネロの送金スピードは、約2分程度です。

しかしビットコインの場合は、約10分程度掛かります。

モネロの歴史について

開発組織は、Monero Projectです。

2012年07月、Bytecoin(バイトコインです)のソースコードが元に生成されました。

バイトコインは、匿名性をが高いコインです。

ブロックチェーン技術の匿名性の低いが原因でハードフォークしました。

これは、新規仕様勢と既存仕様勢の対立です。

取引履歴の透明性を追求したコインなので、セキュリティ面を重視するようになりました。

ちなみに、ビットコインから派生しました。

2014年04月18日、取引が開始されました。

モネロの保管所について

公式ウォレット…公式端末で利用する方式です。

メリットは公認ウォレット、セキュリティーが高いなどです。

デメリットはハッキング等のリスクなどです。

 

Webウォレット…PC上で利用する方式です。

メリットは簡易開設、管理がしやすいなどです。

デメリットはハッキング等のリスクなどです。

ウォレットは、モネロを保管できるツールです。

モネロの購入方法と売却方法について

モネロの購入方法は、各取引所を通じて購入する事ができます。

Coincheck(コインチェックです)、

POLONIEX(ポロ二エックスです)、Bittrex(ビットトレックスです)などがあります。

ちなみに、マイニングがあります。

モネロは、他の仮想通貨よりもマイニングがやりやすいです。

主に3種類のマイニング方法があります。

CPU…計算処理を利用してマイニングする方式です。

 

GPU…画像処理を利用してマイニングする方式です。

 

ハードウェア…特殊専用機で利用してマイニングする方式です。

マイニングは、採掘する事です。

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

モネロの売却方法は、各取引所を通じて売却する事ができます。

 

暗号通貨や仮想通貨を利用する際は、自己責任です。

電子通貨は、リターンとリスクが生じます。

通貨に関する知識を理解した上で、取り組んで下さい。

 
 
    

Thank you