ライトコインについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

仮想通貨の大暴落が話題になっています。

特に問題がないので、大丈夫です。

暗号通貨の代表選手として有名なのがビットコインです。

そしてビットコインと同様な能力を発揮するアルトコイン(オルトコインです)があります。

ライトコインについて考えていきましょう。

ライトコインについて

Litecoinは、デジタル通貨の1種です。

ビットコインから派生したライトコインです。

Web開発や商品の購入などのサービスに利用できます。

そして、世界中の誰でも即座に支払う事ができます。

ライトコインは決算スピード、埋蔵量、マイニングの3点がビットコインと異なる特性があります。

●決算スピード…平均約2分半程度で実現できます。

ビットコインの場合は、平均約10分程度掛かります。

●埋蔵量…約8400万枚です。

ビットコインの場合は、2100万枚です。

●マイニング(採掘)…低コストで採掘ができます。

ビットコインよりも電力を抑えれながらマイニングができます。

しかし、ライトコインの弱点はハッキングなどの被害等が起こる可能性がある事です。

セキュリティー面に少し問題があります。

ライトコインの特徴について

ライトコインは、Peer to Peerのインターネット通貨として有名ですね。

Peer to Peerは、複数の端末間で通信を行う際のアーキテクチャの1つです(通信技術です)。

アーキテクチャは、コンピューターやシステムの全体構造です。

そして、完全分散型のオープンソースなグルーバル決済ネットワークです。

ウォレットの暗号化も対応しています。

ウォレットのプライベートキーの安全性があります。

これは、ウイルスやスパム行為など保護耐性が高まり、

安全性を確認する事ができます。

ライトコインのブロックチェーンは、

ビットコインよりも多くのトランザクションを取り扱う事ができます。

これは、ソフトウェアの改良なく、ネットワークを対応させる事ができます。

●ブロックチェーン…分散型台帳技術です。

●トランザクション…取引時間です。

さらに、ライトコインはセグウィットを導入しています。

●Segwit…ブロックチェーンのブロックに入るデータ量を増やす事です。

これは取引データを圧縮する事ができて、取引時間を短縮化に期待できます。

そして、スケーラビリティ問題の解消策の1つです。

しかし、マイニングに被害が起きます。

手数料の現象によって、マイニングの報酬額が下がります。

●スケーラビリティ…システムの木野の変化に対応できる柔軟性です。

これは、利用者やデータ処理負荷の増大などに応じてシステムを比較的容易に拡張できます。

ブロックチェーンにより、取引データを追記する事で不正のない取引が可能になります。

1つ1つのブロックは、データ量1MB(メガバイトです)まで入れる事ができます。

ちなみに、約3000取引分程度です。

取引量が増えていくと同時に、

データ容量が小さいと新たなブロック生成が追いつかなくなる可能性があります。

これは、決算時間が遅くなる原因に繋がります。

ちなみに、2017年05月11日にSegwitを導入する事が成功しました。



ライトコインの歴史について

2011年10月07日、Charlie Leeさんが公開しました。

チャーリー・リーさんは、元Google Inc.のエンジニアです。

2013年、キプロス・ショックにより、価格高騰が起きる。

キプロスが一時的に銀行封鎖を行った事で、

現金の保管先としてビットコインやアルトコインに資産を移動させた事が大きな要因です。

2017年、イギリスの大手取引所であるBitStampがライトコインを取り扱い始めました。

今後のライトコインは、ビッコインを金とするなら、

ライトコインは銀を目指していく目的を進展させています。

ライトコインの保管所について

公式ウォレット…ライトコインの公式ウォレットを利用する方式です。

メリットは公式が明確に提示されている事などです。

デメリットは非常に重い(PCに負荷が掛かります)です。

ハードウォレット…オフラインで利用できる方式です。

メリットはセキュリティが高い、オフラインで保管できるなどです。

デメリットはハッキング等の問題などです。

モバイルウォレット…アプリで利用する方式です。

メリットは簡易開設、決済や送信に長けているなどです。

デメリットはハッキング等のリスクなどです。

ウォレットは、ライトコインを保管できるツールです。

ライトコインの購入方法と売却方法について

ライトコインの購入方法は、各販売所を通じて購入する事ができます。

最有力候補の販売所があります。

BitFlyer(ビットフライヤーです)、Coincheck(コインチェックです)です。

その他の各販売所はPoloniexなどがあります。

ちなみに、マイニングをする方法もあります。

マイニングは、採掘する事です。

項目 BitFlayer Coincheck
特徴 ユーザー数、月間取引量、資本金は日本一です。 簡単に仮想通貨を購入できる取引所は日本一です。
入金手数料 自己負担です。
クイック入金の場合は324円です(税込です)。
自己負担です。
出金手数料 三井住友銀行は3万円未満の場合は216円です(税込です)、3万円以上の場合は432円です(税込です)。
三井住友銀行以外は3万円未満の場合は540円です(税込です)、3万円以上の場合は756円です(税込です)。
400円です(税込です)、
高速を利用した場合は756円(税込です)。
取引所の取引手数料 0.2%です。 取り扱っていません。
販売所の取引手数料 無料です(期間限定です)。 無料です(期間限定です)。
先物取引や信用取引の手数料 日ごとに0.04%の支払いです。 買いの場合は日ごとに0.04%の支払いです、
売りの場合は日ごとに0.05%の支払いです。
レバレッジ 先物取引は15倍、信用取引は5倍です。 信用取引は5倍です。

 

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ライトコインの売却方法は、各販売所を通じて売却する事ができます。

暗号通貨や仮想通貨を利用する際は、自己責任です。

電子通貨は、リターンとリスクが生じます。

通貨に関する知識を理解した上で、取り組んで下さい。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you