ジーンズについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

メンズファッション、レディースファッションの定番ズボンが来日しました。

世界的に愛用されているズボン界のレジェンド(伝説です)がレッドカーペットを歩いています。

ジーンズは、作業着の担い手として歴史のあるボトムスです。

丈夫なポケットは、スマートフォンや携帯電話などが内蔵できるスペースが施されています。

オーバーオール(作業着の1種です)よりも利便性が良いパンツです。

ジーンズについて

ジーンズは、カジュアルズボンです。

別名はジーパン、Gパン、ジーパンツです。

そしてジーパンは、ジーンズとパンツを組み合わせた和製英語です。

大きな特徴は、主にデニム生地などで作成されています。

デニム生地は、厚地で丈夫な綾織りの生地です。

ジーンズは生産性の向上を計る為に、

裁断(カットです)と巻き縫い(縫製方法です)などを用いて製造されたパンツです。

さらに多くの人々に浸透されているファッション衣料です。

デニム生地を使用したデニム・ジャケット(ジーン・ジャケットです)は、

時代を超えてジーンズ・ジャンパー(ジージャンです)と呼ばれるようになりました。

一般向けのジーパン~高級ブランドまで幅広く取り扱われています。

 

主なジーンズの有効活用方法についてです。

ファブリーズ…消臭対策です。

陰干し…消臭対策です。

食酢…色落ち対策です。

重曹…色落ち対策です。

熱湯…殺菌対策です(しかし、色落ちが目立ちます)。

主なジーンズの種類について

ストレートジーンズ…一直線上に形成されたジーンズです。

【参考画像】

タイトストレートジーンズ…細身が特徴的なジーンズです。

【参考画像】

スキニージーンズ…肌にフィットしたジーンズです。

【参考画像】

テーパードジーンズ…ゆとりのあるジーンズです。

【参考画像】

フレアージーンズ…足長効果に期待できるジーンズです。

【参考画像】

ルーズストレートジーンズ…ゆったりとしたジーンズです。

【参考画像】

ブーツカットジーンズ…美脚効果に期待できるジーンズです。

【参考画像】

ジーンズの歴史について

19世紀、ゴールドラッシュの全盛期時代のアメリカ合衆国カリフォルニア州を中心に、

アメリカン・ドリームを目指す人々が急増しました。

これは新しく金が発見されて、金脈を目当てに一攫千金を狙う採掘者が殺到しました。

そして大きな夢を追う人々は、重労働に適している衣服が好まれるようになりました。

ジーンズは、作業服として使用され始めました。

1870年、仕立て屋のJacob Davisさん(ジェイコブ・デイビスです)が、

アパレルメーカーであるLevi Strauss & Co.(リーバイ・ストラウスです)の

Levi Straussさん(リーヴァイ・ストラウスです)から仕入れたキャンパス生地を

使用したワークパンツ(仕事用パンツです)を発売しました。

ちなみにキャンパス生地は、丈夫な厚手の粗布です。

1873年05月20日、特許申請が受理されて『リベット補強済みパンツ』は、

Levi Strauss & Co.社製の製品として販売されました(ジーンズの原点です)。

1890年、『リベット補強済みパンツ』の特許期限が切れました。

その後、社会の共有財産として多くの会社がリベット補強パンツの製造販売を開始しました。

さらにキャンバス素材からインティゴ染めのデニム生地へ変化しました。

ちなみにインティゴは、鮮やかな藍色の染料です。

1940年、縫製技術の向上によって普及率が高くなりました。

1945年、第2次世界大戦後にGHQ(です)によって大量のジーンズが放出されました。

ちなみに、日本人で初めてジーンズを着用した人物が白洲次郎さんです。

1965年、マルオ被服株式会社が株式会社大石貿易と取引していた

米会社キャントンミルズ社製のデニム生地を購入して国内製造しました。

日本最古のジーンズブランドであるCANTON(キャントンです)を発表しました。

現代ジーンズの基礎である世界初の技術を採用して、世界のジーンズ技術の礎になりました。

当時は、肌触りが悪いジーンズが多く出回っていたので、大きな快挙を果たしました。

現在は、カジュアルファッションの代名詞として愛用されています。



ジーンズのサイズについて

ジーンズは、サイズの目安としてインチ(サイズです)を使用しています。

1インチは、2.5cm(センチメートルです)。

ヒップ…骨盤の一番広い部分で測った値です。

ウエスト…肋骨から縫い骨盤の間のくびれた部分で測った値です。

日本の主なジーンズのサイズ表についてです(参考値です)。

ちなみに女性の場合は、男性サイズよりも約10cm小さく設定されています。

サイズ ヒップ ウエスト
SSサイズ 約66.0㎝ 約58.0㎝
Sサイズ 約68.0㎝ 約61.0㎝
Mサイズ 約71.0㎝ 約63.0㎝
Lサイズ 約73.0㎝ 約66.0㎝
LLサイズ 約76.0㎝ 約69.0㎝

 

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア