IOTAについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

モノとインターネットが組み合わされる新世界が到来します。

様々なモノの状態、位置、行動などが明らかになります。

IoTは、複数の通信手段が連結してインターネット網を通じて通信しています。

これは、安全で快適な生活を実現する為の手段です。

暗号通貨や仮想通貨を利用するIOTAが誕生しました。

IOTAについて

IOTAは、IoTに利用する為の暗号通貨です。

別名は、アイオータです。

MIOTAは、デジタル通貨(アルトコインです)の1種です。

発行限度量は、2800兆枚です。

そしてIoTは、様々なモノがインターネットに接続されて、情報交換による相互制御する仕組みです。

これは、モノのインターネットです(利便性の向上に期待されています)。

具体例はAmazon Echo(アマゾンエコーです)、Google Home(グーグルホームです)などです。

ちなみにIoTは、Internet of Thingsの略語です。

さらに、Proof of Work(プルーフ・オブ・ワークです)を採用しています。

PoWは、コイン偽造を防ぐ為のシステムです。

 

Tangle…送金手数料が掛からない技術です(送金手数料なしで送金できます)。

タングルは、非循環有向グラフ構造に基づいて、

ブロックチェーン風のアーキテクチャによる処理が行わる技術です。

そして取引をする人たちが、お互いに承認を行うで送金手数料が無料になります。

ちなみに、ブロックチェーン技術を使用していません。

さらに小さい送信データも受け付ける事ができます。

マイクロトランザクションは、少額の金銭の支払い手段です。

通常はの支払いシステムは、少額の決済を行うと経費が掛かります。

 

DAG…データ構造を応用した分散台帳技術です。

ちなみに、Directed Acyclic Graphの略語です(有向非循環グラフです)。

有向非循環グラフは、以前の不可逆な取引データを利用する事でお互いを保護し合うシステムです。

 

Seed…ウォレットにログインする時に使用する暗号です。

シードは、3進数を利用しています。

これは、実際の入力数字とウォレット内の数字が違うように見えるので、ハッキング等が難しいです。

送信システム…IoTデバイスで取得したデータを安全に送信できる仕組みです。

IoTデバイス間でデータの信頼性を担保としたネットワークを構築する事ができます。

そして不正アクセスやハッキング等を防ぐ事が可能です。

IOTAの歴史について

開発組織であるIOTA Foundationは、

2015年11月~同年12月の間位にICO(仮想通貨の資金調達方法です)が行われました。

IOTAの創業者は、David Sønstebøさんです。

当時は、ブロックチェーンなどのシステムは、送金額よりも取引手数料の方が高いという問題がありました。

対策案としてマイニング報酬を削減して、手数料を低くする事は可能でした。

しかし、マイニングを行う人が減少する恐れがあるので、ブロックチェーンが成り立たない状態に陥ります。

大きな問題を解決する為に、IOTA開発者がブロックチェーンに頼らない新しい仕組みを考察しました。

そして2016年07月、IOTAを開発しました(2017年07月に上場しました)。

2017年11月、Microsoft、富士通などの企業と提携しました。

IoTの公的にアクセス可能な最初のデータマーケットプレイスを立ち上げました。

さらに、分散型元帳によって完全に供給される事になります。

現在は、IoT時代のデータ通信取引を記録する仮想通貨として注目されています。

今後は、あらゆる商品やサービスがインターネットと結びつくIoT時代になります。

IOTAの保管所について

公式ウォレット…公式端末で利用する方式です。

メリットは公認ウォレット、セキュリティーが高いなどです。

デメリットはハッキング等のリスクなどです。

ウォレットは、IOTAを保管できるツールです。



IOTAの購入方法と売却方法について

IOTAの購入方法は、各取引所を通じて購入する事ができます。

Binance(バイナンスです)、Bitfinex(ニットフィネックスです)があります。

海外取引所で取引する場合は、日本円でIOTAを購入する事ができません。

国内取引所からビットコイン(BTCです)を購入して、BTCで送金します。

その後、BTC建てでIOTAを購入する事ができます。

ちなみに、タングルを採用しているのでマイニングがありません。

マイニングは、採掘する事です。

IOTAの売却方法は、各取引所を通じて売却する事ができます。

 

暗号通貨や仮想通貨を利用する際は、自己責任です。

電子通貨は、リターンとリスクが生じます。

通貨に関する知識を理解した上で、取り組んで下さい。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター