帽子について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

直射日光から放たれるソーラービームは、肌や人体に悪影響を及ぼす可能性が秘められています。

四季ごとに暑い日差しや凍える風が襲い掛かってきます。

しかし、帽子というファッション・アイテムを装着する事によって対策する事ができます。

完全に防げるわけではありませんが、人体に損傷を最小限に抑えてくれる画期的な衣類です。

最近は、個々のトレンドマークとして利用されている事が多いです。

帽子について

帽子は、防暑対策や防寒対策として頭にかぶる衣類です。

別名はハットやキャップなどです。

大きな特徴は、ツバの有りとツバ無しがあります。

ツバは、日差し除けとして利用されている帽子の部分です。

頭部の保護やファッションなどの多目的で利用されています。

具体例は、制服、髪型の保護、スポーツ、宗教上の戒律などです。

基本的には、屋外で被って、屋内で脱ぎます(エチケットです)。

エチケットは、礼儀作法です。

ちなみに屋内入室時に外套と一緒に帽子を脱いで、外出する際に再び身に着けます。

 

主な帽子生地の原材料についてです。

綿…肌触りが良い素材です。

…吸湿性が高い素材です。

…吸水性が高い素材です。

主な帽子の種類について

紅白帽…運動会向けの帽子です。

【参考画像】

三角帽子…欧米や欧州で流行っていた帽子です。

【参考画像】

シルクハット…紳士向けの帽子です。

【参考画像】

官帽…警察や軍隊向けの帽子です。

【参考画像】

学生帽…学生向けの帽子です。

【参考画像】

ベレー帽…縁がない帽子です。

【参考画像】

ピスヘルメット…ヘルメット型の帽子です。

【参考画像】

帽子の歴史について

原始時代、頭部を保護する為に利用されるようになりました。

その後、集団生活を営むようになって、見栄えを意識するようになりました(ファッション・センスです)。

鎌倉時代、戦時中の必需品として採用されるようになりました。

中世時代、身分や階級を示す基準として利用されました。

上流階級の人々が、オシャレ品として愛用されました。

安土・桃山時代、南蛮頭巾や南蛮笠などのヨーロッパ系の帽子が日本に上陸しました。

1871年09月23日、散髪脱刀令が施行されました。

帽子の普及に大きな影響を与えた出来事です。

19世紀、山高帽が紳士の礼装として認識されていきました。

ちなみにキリスト教の教会では、男性は帽子を取る事が求められています。

そして、基本的に女性は帽子を取らないです。

神への敬虔さを示す為に行われていました。

19世紀以降、一般庶民に広く認知されていきました。

現在は、文化によって様々な用途に使用されています。

具体例は、帽子の着け方やスポーツ向けの帽子などです。

逆向きの帽子は、ヒップホップ系やストリートファッション系にアイテムとして認知されています。

スポーツ帽は、特定のチームへの支持を示す目印として機能しています。



帽子のサイズについて

日本の主な帽子のサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ サイズ感
SSサイズ 約54.0㎝~約55.0㎝
Sサイズ 約55.0㎝~約56.0㎝
Mサイズ 約57.0㎝~約58.0㎝
Lサイズ 約59.0㎝~約60.0㎝
2Lサイズ 約61.0㎝~約62.0㎝
3Lサイズ 約62.0㎝~約63.0㎝
 
 
    

Thank you