FXの運用方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

FXは、一定の証拠金を預ける事によって、外国為替の取引が行えれる資産運用方法です。

基本的には、投機目的で取引をする場合が多いです。

別名は、外国為替証拠金です。

そして、ライフスタイルに応じて取引が可能になりました。

現在は、サラリーマンや主婦に人気な金融商品の1つになりました。

FXの運用方法について

FXは、取引単位が小さい事です。

レバレッジをかけると少額の証拠金で取引が行えます。

レバレッジは、少ない証拠金で大きな金額の取引が行えることです。

激しい相場変動の場合は、為替レートが大きく変動する事があります。

為替レートは、2通貨の交換比率です。

しかし大きな取引から始めた場合は、損失額が大きくなります。

初心者の方は、少額から始める事を強く推薦します。

取引金額を少なくする事によって、大きな損失を防ぐ事ができます。

 

FXは、1度に大きなポジション(リスクがある状態です)を取引するよりも

小分けにしてポジションを取引する事でリスクを軽減する事ができます。

主な手法としては、ドル・コスト平均法です。

ドル・コスト平均法は、定期的に一定金額ずつ購入していく方法です。

定期的に一定の数量ずつ購入する場合よりも有利なポジション(取得取引です)に分散する事ができます。

その他には、バーチャルトレードがあります。

バーチャルFXは、仮想通貨(仮想マネーです)を使用して相場を経験できるゲームです。

ちなみに、暗号通貨に関連されている仮想通貨ではないです。

ポジションについて

FXは、ポジションを持つ事は取引をしている状態です(リスクを背負っている状態です)。

そして、為替レートの変動が大きくなるとリスクの幅が大きくなります。

ポジション決済をして、リスク軽減に繋げる事ができます。

逆にポジションを持っていない場合は、何も取引をしていない状態です。

為替レートが動いても資産に影響はありません(ノーポジションです)。

さらにポジションは主に2種類に分類されます。

 

スクエアポジション…ロングポジションやショートポジションを持っていない状態です。

ポジションを決済時に使用されます。

ロングポジション…買いのポジションを持っている状態です。

別名は、買い玉(買い建て玉)です。

大きな特徴は、長期保有する事が多いです。

ショートポジション…買いのポジションを持っている状態です。

別名は売り玉(売り建て玉です)、空売りです。

大きな特徴は、短期売買する事が多いです。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
    

Thank you