ファシネーターについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

特別な日だから特注品を着たいという憧れを持つ人は多いです。

高貴な髪飾りと花束を添えたファシネーターは、美しい帽子です。

お花畑いっぱいに咲く花と純粋な気持ちが交じり合う境界線は、

透き通る氷に近い存在になれる気がします。

より美しく、より嬉しく、より幸せな小道へ運んでくれます。

ファシネーターについて

ファシネーターは、女性向けの装飾性の高い頭部用の装身具です。

別名は、カクテルハットです。

基本的には、カチューシャ、リボン、レースなどをあしらったモノです。

これは、婦人用帽子と髪飾りを合わせた工芸品です(魅惑品です)。

特に結婚式や葬儀などに利用されています。

大きな特徴は圧迫感が少ない、セットした髪型が乱れにくい、婦人用帽子の代替品です。

そして自由度が高く、アレンジが容易にできます。

髪型や髪のボリュームによって、前や横に着用する事ができます。

ヘアスプレーなどを用いると綺麗に表現できます。

さらにヘアピンやクリックなどの櫛で付けるタイプは、固定しやすいです。

アリスバンド(カチューシャです)の場合は、バンド部分を髪の毛で覆い隠す事ができます。

しかし、着ける位置が限られてくるので注意しましょう。

 

主なファシネーターの素材についてです。

ウール…吸湿性が高い素材です。

シルク…肌触りが良い素材です。

ポリエステル…耐久性が高い素材です。

主なファシネーターの種類について

カクテルハット…パーティ用のファシネーターです。

【参考画像】

ウエディング・ファシネーター…結婚式向けのファシネーターです。

【参考画像】

ヘアピン・ファシネーター…ヘアピン入りのファシネーターです。

【参考画像】

カチューシャ・ファシネーター…カチューシャ入りのファシネーターです。

【参考画像】

宴会・ファシネーター…宴会向けのファシネーターです。

【参考画像】

ファシネーターの歴史について

17世紀、軽量のレースのかぶりモノとしてヨーロッパ諸国で使用されていました。

1970年、ロンドン近郊で帽子商人の間で受け入れられました。

1990年、イギリスの結婚式で利用されるようになりました。

2011年04月29日、ウィリアム王子とキャサリン・ミドルトンの婚礼行事に

ベアトリス・オブ・ヨーク王女が着用していました。

新郎であるPrince Williamさんは、イギリス王位継承順位第2位です。

新婦であるCatherine Middletonさんは、イギリス王室のケンブリッジ公ウィリアム王子の配偶者です。

ちなみに、ファッションデザイナーとして活動している

Philop Treacyさん(フィリップ・トレーシーです)は、イギリスの婦人用帽子をデザインしました。

現在は、デザインやモチーフなどによって様々な用途で利用されています。



ファシネーターのサイズについて

頭部の外周…頭部の周辺を測った値です。

日本の主なファシネーターのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 頭部の外周
標準サイズ 約55.0㎝~約75.0㎝
 
 
    

Thank you