イーサリアムについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

仮想通貨を導入するサービスが増えてきました。

世界には、たくさんのコインが存在しています。

そして暗号通貨は、ビットコインだけではないです。

仮想通貨イーサリアムという仮想通貨が登場しました。

ちなみに、イーサリアムクラシックについては記載していません。

イーサリアムについて

Ethereum(ETHです)は、デジタル通貨の1種です。

そして、イーサリアムプロジェクトのプラットフォームの総称です。

さらに、イーサリアムプロジェクトで使用される仮想通貨をイーサー(Ether)と呼ばれています。

これは、ビットコイン技術に新たな付加価値を創造する為に生み出されました。

イーサリアムプロジェクトは、新しい試みを実現する為に組織があります。

計画を実行するのにソフトウェアやアプリケーションなどの必要な技術を提供しています。

ちなみに、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼ばれています。

大きな特徴は、アプリケーションを作成するプラットフォーム機能です。

これは、ビットコインの技術に新たな機能を追加したサービスです。

ビットコイン…主に決算システムです。

イーサリアム…主にアプリケーション作成のプラットフォームです。

特定データをイーサリアムブロック上に埋め込まれるようになっています。

イーサリアムブロックチェーンを利用したアプリケーション開発が可能です。

ちなみに、作成されたアプリケーションは独特な組織に形成されていきます。

イーサリアム・ネットワーク…P2Pネットワーク上に、

スマート・コントラストの覆行履歴をブロックチェーンに記録していきます。

P2Pネットワーク…分散型ネットワークです。

これは、全てのデバイスが独立しているので端末同士が直接取引するネットワークです。

しかしサーバーがない為、管理に苦戦します。

その後、解決手段としてブロックチェーンが誕生しました。

スマート・コントラスト…契約の条件確認や覆行までを自動的に強制させられる仕組みです。

従来の契約は、人間が不正を監視していましたが、

スマート・コントラストはロボットが強制的に契約を覆行して管理してくれます。

ブロックチェーン…分散型台帳技術や分散型ネットワークです。

仮想通貨の取引の記録が全てネットワーク上に記録されていきます。

これは、取引データの管理者が存在していません。

多くの利用者がデータを共有する為、改ざんされにくいです。

そして、中核のサーバーがない事で大規模な障害になりにくく、

低コストでサービスが実現できます。

イーサリアムの歴史について

2013年、Vitalik Buterinさんがイーサリアムの原形設定を開始しました。

構想はGavin Woodにより、学術的な整理をしました。

2014年02月、プログラミング言語C++で実装されたクライアントがリリースされました。

同年07月30日、イーサリアムの販売開始しました(Frontierです)。

同年、スイスに設立されたイーサリアム財団によって、

イーサリアムプロジェクトが調達された資金は管理されています。

イーサリアム財団は、非営利団体です。

2015年、日本の仮想通貨取引所で取引が開始しました。

同年、Microsoftと技術導入しました。

マイクロソフトは、世界最大手ソフトウェア会社です。

2016年、Deloitte Touche Tohmatsuと技術提携をしました。

デロイト・トウシュ・トーマツは、世界最大手会計事務所です。

イーサリアムの保管所について

公式ウォレット…イーサリアムの公式ウォレットを利用する方式です。

メリットは公式が明確に提示されている事などです。

デメリットは非常に重い(PCに負荷が掛かります)です。

PCウォレット…パソコン上で利用する方式です。

メリットは、色んな仮想通貨に対応している、オフラインで仮想通貨の管理ができるなどです。

デメリットはハッキング等のリスクなどです。

ハードウォレット…オフラインで利用できる方式です。

メリットはセキュリティが高い、オフラインで保管できる、大量保有に適しているなどです。

デメリットはハッキング等の問題などです。

アプリウォレット…スマートフォンで利用できる方式です。

メリットは手軽で使いやすいなどです。

デメリットは重い(アプリに負荷が掛かります)などです。

ウォレットは、イーサリアムを保管できるツールです。



イーサリアムの購入方法と売却方法について

イーサリアムの購入方法は、各取引所や各販売所を通じて購入する事ができます。

最有力候補の取引所が2つあります。

販売所と取引所があるのは、

BitFlayer(ビットフライヤー)です。

その他の各販売所はCoincheck(コインチェックです)、みんなのビットコインなどがあります。

ちなみに、マイニングをする方法もあります。

マイニングは、採掘する事です。

現状では、一部の業者のみが行っているので個人でする場合は難しいです。

項目 BitFlayer Coincheck
特徴 ユーザー数、月間取引量、資本金は日本一です。 簡単に仮想通貨を購入できる取引所は日本一です。
入金手数料 自己負担です。
クイック入金の場合は324円です(税込です)。
自己負担です。
出金手数料 三井住友銀行は3万円未満の場合は216円です(税込です)、3万円以上の場合は432円です(税込です)。
三井住友銀行以外は3万円未満の場合は540円です(税込です)、3万円以上の場合は756円です(税込です)。
400円です(税込です)、
高速を利用した場合は756円(税込です)。
取引所の取引手数料 0.2%です。 取り扱っていません。
販売所の取引手数料 無料です(期間限定です)。 無料です(期間限定です)。
先物取引や信用取引の手数料 日ごとに0.04%の支払いです。 買いの場合は日ごとに0.04%の支払いです、
売りの場合は日ごとに0.05%の支払いです。
レバレッジ 先物取引は15倍、信用取引は5倍です。 信用取引は5倍です。

 

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

主な暗号通貨用語についてです。

販売所…仮想通貨を取り扱っている仮想通貨の売買ができます。

具体例はBitFlyer、Bitbank、みんなのビットコインなどです。

取引所…仮想通貨の取引をする場所です。

具体例は、BitFlayer、Coincheckなどです。

イーサリアムの売却方法は、各取引所や各販売所を通じて売却する事ができます。

暗号通貨や仮想通貨を利用する際は、自己責任です。

電子通貨は、リターンとリスクが生じます。

通貨に関する知識を理解した上で、取り組んで下さい。

 
 

イーサリアムについて

仮想通貨を導入するサービスが増えてきました。

世界には、たくさんのコインが存在しています。

そして暗号通貨は、ビットコインだけではないです。

仮想通貨イーサリアムという仮想通貨が登場しました。

ちなみに、イーサリアムクラシックについては記載していません。

イーサリアムについて

Ethereum(ETHです)は、デジタル通貨の1種です。

そして、イーサリアムプロジェクトのプラットフォームの総称です。

さらに、イーサリアムプロジェクトで使用される仮想通貨をイーサー(Ether)と呼ばれています。

これは、ビットコイン技術に新たな付加価値を創造する為に生み出されました。

イーサリアムプロジェクトは、新しい試みを実現する為に組織があります。

計画を実行するのにソフトウェアやアプリケーションなどの必要な技術を提供しています。

ちなみに、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼ばれています。

大きな特徴は、アプリケーションを作成するプラットフォーム機能です。

これは、ビットコインの技術に新たな機能を追加したサービスです。

ビットコイン…主に決算システムです。

イーサリアム…主にアプリケーション作成のプラットフォームです。

特定データをイーサリアムブロック上に埋め込まれるようになっています。

イーサリアムブロックチェーンを利用したアプリケーション開発が可能です。

ちなみに、作成されたアプリケーションは独特な組織に形成されていきます。

イーサリアム・ネットワーク…P2Pネットワーク上に、

スマート・コントラストの覆行履歴をブロックチェーンに記録していきます。

P2Pネットワーク…分散型ネットワークです。

これは、全てのデバイスが独立しているので端末同士が直接取引するネットワークです。

しかしサーバーがない為、管理に苦戦します。

その後、解決手段としてブロックチェーンが誕生しました。

スマート・コントラスト…契約の条件確認や覆行までを自動的に強制させられる仕組みです。

従来の契約は、人間が不正を監視していましたが、

スマート・コントラストはロボットが強制的に契約を覆行して管理してくれます。

ブロックチェーン…分散型台帳技術や分散型ネットワークです。

仮想通貨の取引の記録が全てネットワーク上に記録されていきます。

これは、取引データの管理者が存在していません。

多くの利用者がデータを共有する為、改ざんされにくいです。

そして、中核のサーバーがない事で大規模な障害になりにくく、

低コストでサービスが実現できます。

イーサリアムの歴史について

2013年、Vitalik Buterinさんがイーサリアムの原形設定を開始しました。

構想はGavin Woodにより、学術的な整理をしました。

2014年02月、プログラミング言語C++で実装されたクライアントがリリースされました。

同年07月30日、イーサリアムの販売開始しました(Frontierです)。

同年、スイスに設立されたイーサリアム財団によって、

イーサリアムプロジェクトが調達された資金は管理されています。

イーサリアム財団は、非営利団体です。

2015年、日本の仮想通貨取引所で取引が開始しました。

同年、Microsoftと技術導入しました。

マイクロソフトは、世界最大手ソフトウェア会社です。

2016年、Deloitte Touche Tohmatsuと技術提携をしました。

デロイト・トウシュ・トーマツは、世界最大手会計事務所です。

イーサリアムの保管所について

公式ウォレット…イーサリアムの公式ウォレットを利用する方式です。

メリットは公式が明確に提示されている事などです。

デメリットは非常に重い(PCに負荷が掛かります)です。

PCウォレット…パソコン上で利用する方式です。

メリットは、色んな仮想通貨に対応している、オフラインで仮想通貨の管理ができるなどです。

デメリットはハッキング等のリスクなどです。

ハードウォレット…オフラインで利用できる方式です。

メリットはセキュリティが高い、オフラインで保管できる、大量保有に適しているなどです。

デメリットはハッキング等の問題などです。

アプリウォレット…スマートフォンで利用できる方式です。

メリットは手軽で使いやすいなどです。

デメリットは重い(アプリに負荷が掛かります)などです。

ウォレットは、イーサリアムを保管できるツールです。



イーサリアムの購入方法と売却方法について

イーサリアムの購入方法は、各取引所や各販売所を通じて購入する事ができます。

最有力候補の取引所が2つあります。

販売所と取引所があるのは、

BitFlayer(ビットフライヤー)です。

その他の各販売所はCoincheck(コインチェックです)、みんなのビットコインなどがあります。

ちなみに、マイニングをする方法もあります。

マイニングは、採掘する事です。

現状では、一部の業者のみが行っているので個人でする場合は難しいです。

項目 BitFlayer Coincheck
特徴 ユーザー数、月間取引量、資本金は日本一です。 簡単に仮想通貨を購入できる取引所は日本一です。
入金手数料 自己負担です。
クイック入金の場合は324円です(税込です)。
自己負担です。
出金手数料 三井住友銀行は3万円未満の場合は216円です(税込です)、3万円以上の場合は432円です(税込です)。
三井住友銀行以外は3万円未満の場合は540円です(税込です)、3万円以上の場合は756円です(税込です)。
400円です(税込です)、
高速を利用した場合は756円(税込です)。
取引所の取引手数料 0.2%です。 取り扱っていません。
販売所の取引手数料 無料です(期間限定です)。 無料です(期間限定です)。
先物取引や信用取引の手数料 日ごとに0.04%の支払いです。 買いの場合は日ごとに0.04%の支払いです、
売りの場合は日ごとに0.05%の支払いです。
レバレッジ 先物取引は15倍、信用取引は5倍です。 信用取引は5倍です。

 

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

主な暗号通貨用語についてです。

販売所…仮想通貨を取り扱っている仮想通貨の売買ができます。

具体例はBitFlyer、Bitbank、みんなのビットコインなどです。

取引所…仮想通貨の取引をする場所です。

具体例は、BitFlayer、Coincheckなどです。

イーサリアムの売却方法は、各取引所や各販売所を通じて売却する事ができます。

暗号通貨や仮想通貨を利用する際は、自己責任です。

電子通貨は、リターンとリスクが生じます。

通貨に関する知識を理解した上で、取り組んで下さい。

    

Thank you