ドローンの有効活用方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

無人飛行機であるドローンは、産業革命を起こす事ができるのでしょうか?

普及していくドローンの活用方法についてまとめました。

ちなみにドローンの語源は、雄の蜂です。

これは、プロペラ音が蜂が飛ぶ時の音に似ているからです。

身近な生物から由来されていた事にびっくり仰天です(笑)

ドローン空撮利用について

ドローンの1種であるマルチコプターは、ホバリングによる飛行ができます。

これはカメラを搭載して空中写真や動画撮影が楽しめる機体です。

そして、4Kやハイビジョンなどの高画質画像、360度の映像撮影が可能になりました。

最近のドローンは、手の平サイズの超小型カメラ付きのドローンなどが登場しています。

ちなみにホバリングは、ヘリコプターが空中で停止する事です。

これまで空中撮影や空中写真は、飛行機やヘリコプターなどを使用しなければなりませんでした。

非常に高価な空撮利用で行われていました。

しかし、個人が手軽に購入ができるドローンは空撮の革命品です。

撮影方式も多種多様化に広がり、

スポーツ選手がトレーニング時に利用されるケースもあります。

自動追尾機能が備わっているドローンは、多方面で活躍していきます。

さらに、大掛かりなモノでしかできなかった空撮が可能になり、

ドローンの普及率が上がっていくと考えられています。

ドローンの物流利用について

2002年、オーストラリアが地上網が発達していない物流網の補充に、

ドローンを利用する事を期待しています。

これは、世界で最も早くドローン法整備を定めました。

2011年、アメリカ合衆国にあるシリコンバレーで創業したMatternet社が、

開発途上国などの地上物流網が整備されていない国での市場をターゲットに、

物流専門のドローン開発専門企業としてスタートステップした元祖物流専門ドローンメーカーです。

ちなみに、ベンチャー企業です。

2013年、Amazon.comが物流ドローン開発を発表しました。

そのビジネスモデルは、Matternet社を参考にしました。

そして、アマゾンのような宅配便から国際間の貨物輸送までの物流ドローンは、

近い将来は大きな市場になります。

最近はフランス、オランダ、ドイツ、スイスなどで郵便小包の輸送、

医薬品の輸送などの様々な分野で実用化に向けて取り組みが進行しています。

Matternet社は、スイス、プエルトルコ、バハマなどで物流ドローンが実用化されています。

そして2016年からアメリカのルワンダで、

国土の約半分を覆う物流ドローン空港を44か所に建設する事業が開始しました。

使用されるドローンの能力は、最大100㎏(キログラムです)まで搭載して、

航続距離100km(キロメートルです)と言われています。

日本では、2015年に第2次安倍晋三内閣が『3年以内に物流ドローンを実現する』とおっしゃっています。

民間航空機の安全基準を定めているICAOは、

2021年から無人航空機(RPASです)のルールを導入する予定です。

ちなみにルールは、貨物輸送のリモート操縦機能も含みます。



ドローンの農業利用について

ドローンの農業利用は、日本の農薬散布用無人ヘリコプターが世界的に有名です。

日本の水田の40%以上が2000機を超える無人ヘリコプターによって、

迅速に大量の農薬を一斉に水田に散布できる効果が評価されています。

現在は、大韓民国で利用されています。

最近の農業ドローン事情は生産性の向上、環境保護、

食の安全を保障する精密農業用の道具として、

世界的にドローンが大きく期待されています。

精密農業用ドローンは、カメラやセンサーなどを搭載してインターネットを通じて、

農業支援データベース(育成状況、管理などの適正な農業支援クラウドサービスです)に接続されて、

作業データの収集管理、品質管理の向上、環境対応などを実現する農業IT化が進展しています。

そして、耕運機などの農機具とドローンを連動させた省力化システムの開発が進行しています。

今後は、IT技術を利用した製造業的なシステムへ成長しつつあります。

 
 
    

Thank you