ダブル洗顔について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

正しい洗顔を続ける事によって、肌は自分¥ら美しく生まれ変わります。

そして、洗顔で気を付けなければならない事は、

肌にダメージを与えてしまうお手入れのやり方をする事です。

正しい洗顔方法をしっかり学びましょう。

そして理想の泡は、生クリーム風のきめ細かい質の良い泡です。

ちなみに、石鹸成分と水分量のバランスによって決まります。

ダブル洗顔について

ダブル洗顔は、石鹸を利用した洗顔方法です。

ちなみに一般的には、クレンジング剤でメイクなどを落とした後に洗顔料で顔を洗う事です。

しかしクレンジング剤は、洗浄力が強いタイプが多いので

合成界面活性剤入りの洗顔剤を利用すると潤い成分が落ちやすくなります。

洗顔剤に配合されている油分やアミノ酸が肌に残っている状態なので、

皮脂や細胞間脂質になるモノではないです。

そしてダブル洗顔は、性質が異なる石鹸を活用した洗顔タイプが素美肌に良い影響を及ぼします。

ダブル洗顔の特徴について

①吸着成分がある石鹸は、適度な洗浄力と

吸着成分で肌に刺激を与える事なく汚れを落とすタイプです。

具体例は炭、麦飯石などです。

皮溝に入ったメイク汚れや酸化した皮脂までも落としてくれます。

弱アルカリ性の性質によって、肌表面にこびりついている古い角質を取り除く事ができます。

しかし、古い角質が取り除かれるので肌ザラつきが目立ちます。

 

②洗浄力と保湿成分がある石鹸は、2度洗いによって残っていたザラつきを

保湿成分によって整えてくれます。

しかし、肌に不足している潤いを補う事なので肌を整えるモノです。

必要な分だけ肌に馴染んで、残りはすすぎで流水します。



石鹸の基礎知識について

石鹸は、汚れ落としの洗浄剤です。

基本的に脂肪酸とアルカリ性を反応させて作ります。

脂肪酸の原料、脂肪酸の分子量、脂肪酸とアルカリ性の比率などの違いによって、

性質が異なる石鹸が作成できます。

そして多様性がある石鹸は、個性があります。

ちなみに、汚れの洗浄が得意な石鹸や不得意な石鹸があります。

石鹸の選び方について

①溶けやすい石鹸タイプは、中和法によって作成されているので洗浄力が高いです。

肌を乾燥させやすい傾向があります。

中和法は、脂肪酸と苛性ソーダを反応させて作る方式です。

短時間で作れるので大量生産向きです。

 

②溶けにくい石鹸タイプは、鹸化法によって作成されているので洗浄力と

保湿力のバランスが良いです。

鹸化法は、油脂に苛性ソーダを反応させて作る方式です。

熟練の技術が必要なので、手間と時間がかかります。

美肌に適している石鹸について

●成分の安全性が高い…原料である脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムで製造する事ができます。

リスクの高い成分を配合する必要がないです。

肌との親和性が高いので、安全性が高い成分です。

●洗顔後のお手入れが浸透しやすい…肌に余計なモノを残さずに流水で流す事ができます。

一般的な洗顔フォームは、肌に保湿成分が残るタイプが多いです。

余分なモノを排除しやすいので、その後のお手入れが浸透しやすく、

スキンケア効果が高まります。

 

●使用実績が長い…5000年間も愛用される続けている洗顔剤です。

人体への危険性が少ない事が、歴史的や経験的に実証されています。

 

●アルカリ性…肌表面にこびりついた古い角質がふやけて、剥がれやすくなります。

毛穴も緩むので、毛穴汚れもとれやすくなります。

 

●界面活性力をすぐに失う…石鹸は水で薄まると界面活性力を失うので、

洗い残しがあっても肌への刺激が残りにくいです。

洗い流した後も、環境に負担をかけにくいです。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター