通信について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

現代は、多くの出来事を共有できる時代になってきました。

それが通信の技術革新です。

デジタル通信、光通信、携帯電話、インターネットなどの新技術が社会に大きな変革をもたらしてきました。

大量の情報源を収集して必要に応じて使いこなせるようになれば、

便利で快適な暮らしが実現できます。

不要な部分も少なくはないのが現状です。

不便な箇所を補う事ができれば可能性が広がります。

①通信について

通信は、情報伝達の事です。

これは、情報を相互にやり取りする事です。

情報共有、お知らせ、ニュース、連絡手段などが有名です。

相手にメッセージを届ける時にも有効です。

通信業は、人々の生活基盤を劇的に変化させた産業です。

最近は、スマートフォンや携帯電話などの通信手段が増えています。

日常生活に溶け込んでいる情報は、正誤判断が重要な基準になりまうs。

情報には、正しい情報や誤った情報などがいっぱいあります。

情報社会を過ごしていく為には、自分自身で確認するしかないです。

これは、知識不足を補うために考える習慣をもつ事をオススメします。

情報をインストールした後に、確認をしましょう。

そのままインストールした情報をゴミ箱に捨てると勿体ないです。

削除する前に確認が大事です(アンインストールの事です)。

新しい情報が増えすぎると収集が困難な状態になります。

その対策は、定期的なアップデートです。

整理整頓を心掛ける事でスムーズに情報収集ができます。

これらをまとめた有効な手段は、

情報→インストール→確認→情報収集→アップデート(上書き保存します)

→アンインストール(不要な情報は削除します)の繰り返しです。


②通信の歴史について

★起源~古代文明について

通信の起源は、大昔に使われていた狼煙です。

狼煙は、モノを焼く事によって煙を発生させて、離れた地点から確認する事ができる事です。

これは、遠くにいる人に情報を伝達できます。

ちなみに、大声などを発生させる事も通信手段の1つです(音声通信の元祖です)。

さらに、古代エジプト文明やローマ帝国時代は伝書鳩を使用していました。

伝書鳩は、飼い馴らした鳩の帰巣本能を利用した通信手段です。

これは、カワラバトなどの鳩にメッセージを持たせて届けます。

書簡のやり取りが行われていました(郵便の元祖です)。

★18世紀~19世紀について

フランス皇帝のナポレオン・ボナパルトが、

18世紀後半にフランスで発明された腕木通信を活用しました(正確性、遠距離、速さを追及しました)。

腕木通信は、視覚の通信機を用いた通信網です。

これは、望遠鏡を使って、腕木にコードを読み取ってバケツリレーのような伝達方法です。

フランス全土に設置する事で、迅速な情報伝達が可能になりました。

通信網の整備が普及すると軍事産業がより活発に利用できるようになります。

軍事の重宝として大活躍しました。

★産業革命以後について

交通機関が発達して広範囲で情報伝達する事が可能になりました。

そして、電気を使った瞬時に信号を伝達できる手法が生まれました。

1866年、敷設船によって海底ケーブルが大陸間通信へ発展化して、

有線による通信網の施設が広がりました。

交信に使用されたモールス符号の電信でした。

ちなみに、1870年に日本で東京~横浜間で電気通信が開通されました(国内初です)。

20世紀になると無線による電信が実用化が始まり、

モールス符号から有線通信の音声通信に変わっていきます。

ちなみに、パソコンや携帯電話などのワイヤレス通信技術の元祖です。

★冷戦時代~現代社会について

連戦時には、軍事的な優位性を保つために通信技術が目覚ましい進化を成し遂げました。

インターネット、人工衛星などは、軍事技術として開発されました。

宇宙開発事業の先駆国競争が行われて、世界情勢が情報格差の重要性を再認識しました。

一部の特権階級が扱っていたネットワークが、一般化されるようになった現代はデータ通信期です。

最先端技術が目の前にあること自体が、通信手段の変化が物語っています。

★今後の情報社会について

電話網、携帯電話網、インターネットのIPネットワークなどが整備されて、

端末機器やアプリケーションなどが急速に次世代ネットワークを構築されています。

そして、光ファイバが通信網に参入してブロードバンド化へ家庭の一部になりつつあります。

これらは、いつでも・どこでも・誰とでも通信ができる社会が人々の生活を変えます(ユビキタス社会です)。

ユビキタス社会は、ネットワーク内でたくさんのサービスが提供下に生活様式を豊かにする社会です。

21世紀の通信は発展を繰り返して、新ネットワークが実現していきます。

 
 
    

Thank you