洗顔について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

こまめにお手入れを続けていかないと美しさが保てないのが、肌です。

そして最も好ましい美肌は、自らの美しさを保てる状態です。

重要ポイントは、汚れを落とす洗顔が優先されています。

肌の表面に健康的な肌細胞が輝いている状態が素美肌です。

さらに、美容液やクリームなどのメイク剤よりも

洗顔を徹底的に研究する事で美意識への変化が大きく変わっていきます。

洗顔について

洗顔は、顔を洗う事です。

洗顔剤は、顔面を洗う用途に特化した化粧品です。

 

●石鹸…界面活性剤です。

固形の一般的な洗顔剤です。

ちなみに界面活性剤は、物質の境の面に作用して性質を変化させる物質です。

これは、分子内に水に馴染みやすい部分と油に馴染みやすい部分を持っている物質です。

 

●泡タイプ…ポンプから泡の状態で出てくる洗顔剤です。

泡立てる手間が省けます。

泡の細かさは様々ですが、固形泡の場合は発泡剤が含まれています。

 

●フォーム…チューブに入っているクリーム状を泡立てて使用する洗顔剤です。

基本的に油分が多く、洗浄力は様々です。

洗い上がりにしっとり感を与える為に、肌に油膜やアミノ酸を残すタイプもあります。

 

●ジェル…水分が多く、泡立ちが良い洗顔剤です。

別名は、リキッドです。

洗浄力が高く、さっぱり爽快な洗い上がりができるので脂性肌の人向きです。

 

●パウダー…水を加えて泡立てて使用する洗顔剤です。

洗浄力は様々ですが、水を加えると活性化する成分を配合しているタイプもあります。

 

●スクラブ…角質を除去しやすい洗顔剤です。

フォームやジェルなどに入っている事が多いです。

しかし、肌を傷つけやすいので乾燥肌や敏感肌の人は不向きです。

 

●泡立てなし…洗浄力が低い洗顔剤です。

強い界面活性剤を配合しているタイプもあります。

乾燥肌や敏感肌の人向きです。



肌の汚れになりやすい要素について

肌の汚れは、肌表面に油溶性と水溶性の汚れが入り交じっている状態です。

様々な汚れを落とす為には、洗顔剤が必要です。

洗顔剤を利用する事で、肌表面を覆っていた汚れが取り去られると、

役目を終えた角質は自然に剥がれる事ができます。

新しい細胞が表面に出てくるので、美肌が保ちやすくなります。

ちなみに肌に汚れが残っていたり角層が厚くなっている場合は、化粧水や美容液の浸透も悪化します。

 

肌汚れの3大要素について

①皮膚の老廃物…古い角質、酸化した皮脂などです。

②メイク剤…保湿クリーム、クレンジング剤、ファンデーションなどです。

③大気汚染粒子…排気ガス、ホコリ、PM2.5などです。

洗顔のトラブルについて

肌は、弱酸性です。

●弱酸性の洗顔剤…メイク汚れや酸化した皮脂に有効です。

タンパク質を固める作用があります。

しかし、古い角質が固く張り付いていて、剥がれにくく、毛穴も閉じたままです。

●弱アルカリ性の洗顔剤…古い角質が緩んでスムーズに剥がれて、

毛穴の汚れも落ちやすいです。

 

●泡洗剤…肌と指の間に泡がクッションになって、肌を傷つけにくい洗顔方法です。

ゴシゴシ洗いで肌を傷つけてしまう事で、バリア機能の低下に繋がります。

物理的な刺激によって、メラニンを増やす原因になります。

ちなみにメラニンが増加すると、色素沈着やくすみなどのトラブルになりやすいです。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター