おむつ替えについて【妊娠・出産・育児マニュアル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

おむつが汚れたら、その度に替えていきます。

そして0歳〜3ヶ月程度の赤ちゃんは、おしっこやうんちの回数が多いです。

赤ちゃんが泣いて知らせる前に、汚れていないかこまめにチェックします。

さらに紙おむつは、着脱が簡単なので手軽に利用できます。

吸水性に優れているので、就寝中や外出時でも安心です。

ちなみに布おむつは、繰り返し使えるので日中に向いています。

上手く使い分けると、赤ちゃんにあったモノを見つけましょう。

おむつ替えについて

おむつ替えは、下着を替える事です。

オムツは、排泄物を補足する為の下腹部に着用する紙や布です。

紙おむつについて

①新しい紙おむつを下に敷きます。

紙おむつを広げて、太もも周りの立体ギャザーを引き上げておきます。

新しいおむつを汚れたおむつの下に差し入れます。

 

②おむつを開いて、足を持ち上げます。

汚れたおむつを開いて、足は絶対に引っ張らずに膝が伸びない程度にそっと持ち上げます。

脚の裏がV字になるようにして、赤ちゃんの顔の方へ少し斜めに持ち上げます。

 

③細かい部分まで汚れを拭きます。

陰部、お尻、シワやくびれなどの細かい部分まで丁寧に拭きます。

男の子と女の子によって、扱い方が違います。

最後に新しいお尻拭きでもう1度拭きます。

ウンチを残さないようにしましょう。

 

④汚れたおむつを外します。

使用したおむつ拭きを汚れたおむつにのせて、

汚れた面を内側にして手前からクルクルと丸めます。

赤ちゃんの足をそっと持ち上げて、お尻から外します。

 

⑤新しいおむつのテープを留めます。

新しいオムツの立体ギャザーでお尻をすっぽり包み込むように当てます。

男の子の場合は、ちんこを下に向けるようにします。

お腹周りに指2本分程度のゆとりを持たせながら、テープを左右対称に留めます。

 

⑥最後に確認します。

へその緒がついている、おへそがジクジクしている場合は、

おむつがかからないようにテープの留め方やゆとりをチェックします。

足の動きの妨げにならないように足の開きがM字になっているか、

ギャザーの部分が外に出ているかを確認します。



布おむつについて

①横長に置いて整えます。

布おむつ1枚を横長に置いて、シワを綺麗に伸ばしていきます。

 

②手前に半分に折ります。

長い方の辺を奥から手前に倒して、2つ折りにします。

 

③左端を内側に折り返します。

左を内側に折り返します。

指4本分が目安です。

その後、半分に折ります。

 

④右端を合わせて折ります。

右端を持って、折り線の左端に合わせます。

布おむつの折り方は、使いやすいようにアレンジしても大丈夫です。

 

⑤布おむつをカバーの上に置きます。

赤ちゃんのお尻の位置を合わせて、カバーを留めます。

男の子の場合は、おしっこが出る前側に折り返した熱い部分が当てます。

女の子の場合は、おしっこがお尻側にまわりやすいので後ろ側に厚くします。

お尻の拭き方について

①男の子の場合

ちんこと陰嚢は、裏側に汚れがたまりやすいので注意です。

両ワキ、肛門、お尻全体も拭きます。

 

②女の子の場合

外陰部は、上から下へ拭きます(会陰〜肛門です)。

逆に拭くと、大腸菌が尿道口に入って炎症を引き起こす可能性があります。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター