ブラウスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

多くの女性が着用している魔法の服があります。

ブラウスは、ヘアスタイルを綺麗に演出できる柔らかい素材が使用されています。

基本的には、1枚だけで完結できるファッション要素が含まれています。

現在は、ブラウスとスカートを合わせたセットアイテムが大人気です。

そして、快適な生活に欠かせない上質感が漂う定番トップスです。

ブラウスについて

ブラウスは、ゆったりしたシャツの上着です。

基本的には、女性や子供服に使用されています。

男性の場合は、ワイシャツなどのシャツに分類にされています。

ワイシャツは、前開きでボタンや襟などが付いているシャツです。

そしてブラウスは、シャツの1種です。

上流階級の女性が着用していた事で有名です。

肩から胴回り線や腰周辺部線まである衣類です。

欧米側では、男性用の軍服や作業服として取り扱われています。

男性性はワイシャツ、女性はブラウスとして区別できます。

 

ブラウスの特徴は、ワイシャツと比較して柔らかい素材が多いです。

女性らしい服が多く、女性用上着として世間的に認知されています。

そしてボタンの付け方は、男性用シャツと逆に取り付けられています。

男性用は右前、女性用は左前です。

これは、メイドに脱ぎ着させていた過去の事例があったのでボタンの付け方が変化しました。

さらに服屋が、男性用と女性用に区分する事によって、ブラウス料金を吊り上げる効果に期待できます。

その他には他人が脱ぎ着させやすい事、乳児に授乳させやすい事などの特徴があります。

 

主なブラウス生地の原材料についてです。

綿…吸水性が高い素材です。

しかし、シワになりやすいです。

…保湿性が高い素材です。

しかし、水によってシミになりやすいです。

…汚れが落ちやすい良い素材です。

しかし、変色がしやすいです。

主なブラウスの種類について

オーバー・ブラウス…裾をスカートやスラックス上に出して着用するブラウスです。

【参考画像】

ぺプラムブラウス…ウエストで切り替えて裾広がりにしたブラウスです。

【参考画像】

シャツブラウス…男性用ワイシャツを模倣したブラウスです。

【参考画像】

シフォンブラウス…薄い平織りの絹織物を使用したブラウスです。

【参考画像】

ブラウジング…裾をスカートやボトムス内に挿入するブラウスです。

【参考画像】

ぺプラムブラウス…襟が立っているタイプのブラウスです。

【参考画像】

ボウタイブラウス…リボンが付いているブラウスです。

【参考画像】

ブラウスの歴史について

ブラウスの起源は、ロマネスクの衣料であるブリオーがあります。

ブリオーは、古代ローマ時代の普段着『チュニカ』として着用されていました。

チュ二カは、チュニックの派生前語です(ラテン語の下着を意味しています)。

そして上流階級のブリオーは、襟元や袖口などが贅沢な刺繍で施されていて、

主な素材は絹で構成されていました。

さらに男性用のブリオーは、丈が腰か膝上の短めなタイプがありました。

ちなみに女性用のブリオーは、裾が長いです。

19世紀、欧米の女性を中心にレースや刺繍の装飾が施されたハイネックなブラウスと

長めのスカートと組み合わせたタイプが流行りました。

当時は女性の社会進出が大きな要因になって、活動的なブラウスを着用するようになりました。

ちなみに日本の場合は、ブラウスがシャツの発展型として次第に広まっていきました。

20世紀、19世紀頃からブラウスの普及が広がった事によって、

春夏秋冬に対応できる女性の代表的な衣服として定着するようになりました。



ブラウスのサイズについて

着丈…襟の付け根から裾先先端までの直線で測った値です。

肩幅…左右の肩先の縫い目から縫い目までを直線で測った値です。

袖丈…肩先から縫い目袖口までを直線で測った値です。

バスト…ブラジャーを着用して乳房が最も膨らんでいる所で測った値です。

日本の主なブラウスのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 着丈 肩幅 袖丈 バスト
SSサイズ 約56.5㎝ 約36.5㎝ 約56.0㎝ 約85.0㎝
Sサイズ 約57.5㎝ 約37.5㎝ 約56.0㎝ 約88.0㎝
Mサイズ 約58.5㎝ 約38.0㎝ 約57.0㎝ 約91.0㎝
Lサイズ 約59.5㎝ 約38.5㎝ 約57.0㎝ 約94.0㎝
LLサイズ 約60.5㎝ 約39.5㎝ 約57.0㎝ 約97.0㎝
3Lサイズ 約61.5㎝ 約40.0㎝ 約57.0㎝ 約100.0㎝
 
 
    

Thank you