エプロンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

可愛いメイド服を着たメイドたちが、メイド喫茶で癒しの空間をお届けしています。

楽しいイベントや手作りのお料理が不思議の国へ導いてくれます。

美しいエプロンが印象的なメイド服は、日替わりのムードを変えてくれる神秘的な居場所です。

エプロンをしっかり着用して、おしゃれな肌触りが期待できます。

おかえりなさいませ、ご主人様・お嬢様。

エプロンについて

エプロンは、衣服の汚れを防ぐ為の前掛けです。

大きな特徴は、衛生目的に着用されています。

制服、調理、食事、美術製作、手工業などで利用されています。

最近は看護師、メイド、ウェイトレスなどで使用されています。

ちなみにポケットが付いているエプロンがあります。

肩紐やファッション要素などの様々なタイプが存在しています。

基本的には、リボン風の布片によって背中で結ばれています。

首を通す1本の紐が付いているタイプは、手軽に着用ができます(スタンダード型エプロンです)。

背中で交差して腰紐と繋がた2本の肩紐が付いているタイプは、スタンダート型よりも着心地が良いです。

 

主なエプロン生地の原材料についてです。

コットン…吸水性が高いです。

リネン…吸湿性が高い素材です。

ナイロン…弾力性が高い素材です。

主なエプロンの種類について

簡易エプロン…使い捨てのエプロンです。

【参考画像】

ビブ・エプロン…胸当て付きのエプロンです。

【参考画像】

サロン・エプロン…胸当てが付いていないエプロンです。

【参考画像】

ウエスト・エプロン…腰から下半身を覆っているエプロンです。

【参考画像】

コブラ-・エプロン…ベスト風のエプロンです。

【参考画像】

ピナフォア…肩紐に大きなフリルが付いているエプロンです。

【参考画像】

コスチューム・エプロン…コスプレ向けのエプロンです。

【参考画像】

セクシー・エプロン…他の衣服を着用しないエプロンです。

【参考画像】

エプロンの歴史について

古代エジプト時代、多くの壁画に男性が三角形のエプロンを身に着付けている姿が発見されています。

中世時代、聖職者や上流階級婦人等で豪華な飾りが付いているエプロンが流行りました。

その後、女中ユニフォームやメイドなどに使用されるようになりました。

明治時代、メイドのエプロンとして西欧から紹介されました。

しかし、庶民的には割烹着の方が受け入れられるようになりました。

割烹着は、羽織って着用するエプロンの1種です。

大正時代、カフェの流行によってサロンエプロンが、女性の間で女給の着衣として流行しました。

戦後、エプロンはプロパガンダの小道具として活用されました。

そして映画業界やグラビア業界などで、新生活や若い世代の象徴として白いエプロンが利用されました。

現在は、ユニークなデザイン性が広く普及しています。

メイドカフェブームによるコスプレ衣装やメイド服などが台頭してきました。



エプロンのサイズについて

ヒップ…骨盤の一番広い部分で測った値です。

バスト…乳房が最も膨らんでいる所から水平で測った値です。

ウエスト…肋骨から縫い骨盤の間のくびれた部分で測った値です。

日本の主なエプロンのサイズ表についてです(参考値です)。

基本的には、大きめのサイズを選びましょう。

サイズ ヒップ バスト ウエスト
XSサイズ 約82.0㎝~約88.0㎝ 約74.0㎝~約80.0㎝ 約57.0㎝~約63.0㎝
Sサイズ 約85.0㎝~約91.0㎝ 約77.0㎝~約83.0㎝ 約60.0㎝~約66.0㎝
Mサイズ 約88.0㎝~約94.0㎝ 約80.0㎝~約86.0㎝ 約63.0㎝~約69.0㎝
Lサイズ 約92.0㎝~約98.0㎝ 約84.0㎝~約90.0㎝ 約67.0㎝~約73.0㎝
XLサイズ 約96.0㎝~約102.0㎝ 約88.0㎝~約94.0㎝ 約71.0㎝~約77.0㎝
 
 
    

Thank you