【定期テスト対策】2次方程式・平方根・因数分解【高校入試】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2次方程式について

2次方程式…式を整理してax2+bx+c=0の形になる方程式です。

ちなみに、a、b、cは定数です。

2次方程式の解…ax2+bx+c=0を成り立たせるxの値の事です。

ちなみに解は、2つあります。

2次方程式の解き方について

☆因数分解を利用した解き方☆

x2+px+q=0が因数分解できる時は、(x+m)(x+n)=0よりx=-m、x=-nです。

☆平方根を利用した解き方☆

①x2=kの解は、x=√k

②ax2c=0の解は、x2=kの形に変えて平方根を求めます。

③(x+p)2=qの解は、x+p=√q、x=-p√qです。

☆平方完成を利用した解き方☆

(x+p)²=qの形に変形します。

かっこを外してはいけません(平方根のやり方で解きます)。

☆解の公式を利用した解き方☆

x=-b√b2-4ac/2a

2次方程式の利用方法について

①求める数量を変数xで表して、2次方程式を作ります。

②2次方程式を解きます。

④解を調べて問題に適した答えを導きます。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  

この記事を読んだ後に読まれている記事

 

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア