自動販売機の基礎知識【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

道端に飲み物が買える便利な機械がよく見えます。

自動販売機は、2000年以上愛されている便利な道具の1つです。

そして世界最古の自動販売機は、紀元前215年頃に

エジプトの神殿内で硬貨を入れると聖水が出てくる装置がありました。

さらに日本では、明治時代に切手とハガキの自動販売機が実用化されました。

その後はタバコ、お菓子、飲料などの様々なタイプが増えていきました。

自動販売機の基礎知識について

自動販売機は、物販に使用される機器です。

別名はペンディングマシーン、ベンターなどです。

具体例は自動両替機、証明写真の撮影マシンなどです。

そして現在は、表示部に液晶ディスプレイを採用したタイプ、非感触ICカードに対応したタイプ、

ユニバーサルデザインに対応したタイプなどがあります。

 

●保温レーン…温かいまま保つ場所です。

●冷却レーン…冷やす場所です。

●真空断熱材…断熱性能を高める真空技術を利用した断熱材です。

●熱交換器…温度の高い流体から低い流体へ熱を移動させる機器です。

●圧縮機…回転運動や往復運動によって、気体を圧送する機械です。

別名は、コンプレッサーです。



●投入口…お金を入れる場所です。

●取出口…商品を受け取る場所です。

●返却口…返金を受け取る場所です。

自動販売機の使い方について

最近は、温・冷両方のドリンクを購入d系るタイプが主流です。

特にヒートポンプ式自動販売機は、冷媒が冷却レーンで発生した熱と大気熱を吸収して、

保温レーンで放出する事で、効率的に加温する事ができます。

 

①硬化投入口から硬化を落とすと、硬貨の識別が行われてそれぞれは均銭筒に格納されます。

形や重さなどをセンサーで確認して選別を行っています。

以前は、重量で硬貨を識別していました。

 

②利用者が購入ボタンを押すと、

対応する商品のストックレーンから商品が取出口に落とされて、

利用者が取り出せるようになります。

 

③釣り銭がある場合は、釣銭筒から硬貨が返却口へと送られます。

 

温かいモノと冷たいモノを同時に販売するタイプの自動販売機は、

温度の調節にヒートポンプが使用されています。

保温レーンは、冷却レーンで冷媒が吸収した熱と大気熱を保温レーンで放熱する事で、

商品の加熱や本を行っています。

保温レーンと冷却レーンの間は、真空断熱材によって断熱されています。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター