化粧品の仕組みについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

化粧品や基礎化粧品は、気分を高めたり自分を表現したりなどの色々な効果があります。

自分だけではなく、相手の気分を変える働きもあります。

そして、みなしだみとして化粧が利用されている事が多いです。

さらに思いやりや気配り等を大切にして、

相手の事を第1に考えて行動をするという日本風の考え方が根付いています。

ちなみにみだしなみは、周囲に嫌な印象を与えないような服装や振る舞いをする考え方です。

化粧品の品質について

化粧品は、体を清潔にする方法の1種です。

 

お客様に安心して使用して頂けるように化粧品メーカーは、

品質を確認するテストを行って厳しい検査に合格した商品だけが出荷されます。

 

主な検査方法についてです。

温度サイクル…温度変化で品質が変わらないかを検査します。

高い温度、低い温度を繰り返して品質が変わらないかを確認するテストです。

季節による温度変化があっても化粧品の品質を保つ事ができるかを確認します。

光チェック…紫外線で品質が変化しないかを検査します。

光を当てて、中身のにおいや色が紫外線等の影響で変化しないかテストします。

主に販売店にあるショーウィンドウや家庭の窓際などです。

太陽や光灯の光にさらされる機会は多いからです。

外観チェック…完成品に異常がないか人の目で確認します。

中に異物が入ってないか、容器や外箱に傷などがないかなどの製造中や完成してからもしっかりテストします。

機械だけではなく、人の目でも厳しく検査します。

折れ荷重チェック…簡単に折れないかを確認します。

検査機器を利用して、どれくらいの力を加えるまで折れないかをテストします。

持ち歩いている時や化粧している時に折れないように適度なかたさがあるかを検査します。



化粧品の特徴について

化粧品は、主な4つの機能があります。

肌の管理機能…スキンケア化粧品を正しく使用する事によって、

肌荒れ・シワ・シミなどの予防効果が期待できます。

印象機能…清潔感がある髪型や服装で行動する事で、

周囲の人たちに爽やかな気持ちになったり元気が出たりします。

リラックス・リフレッシュ機能…気分を切り替えて集中力を高めたり、

リラックスをさせて緊張感や不安を抑える効果が期待できます。

気分機能…綺麗になるという気持ちでテンションが上がり、

化粧をする事で自分に自信を持つ事ができて明るい元気な気持ちになりやすいです。

化粧品の工場見学について

新しい化粧品が作られて販売されるまでの流れについてです。

実は中身の化粧品だけではなく、容器のデザインまで工夫して商品を開発しています。

 

①調査

求められている化粧品を調べます。

どんな化粧品が売れているのか、お客様がどんな化粧品を求めているのかを研究調査します。

基本的にファッションの流行やトレンドなども調べて商品開発をしていきます。

②企画

どんな化粧品を作るのかを決めます。

ライフスタイルに合わせて化粧品を使って頂くターゲットを絞り込んで企画書を作ります。

調査結果を参考に求められている効果や色合い等を取り入れて考案されます。

③研究開発

安全性と効果を考えて研究します。

保湿性が高いモノやシミを薄くするモノなどを色んな成分から配合するモノを選出します。

試作とテストを繰り返して企画通りの安全性や効果がある製品を開発していきます。

④パッケージデザイン

商品に最適な容器をデザインします。

パルク(容器に入れる前の化粧品です)に合わせて容器をデザインします。

使いやすさ・持ちやすさ・安全性等を考えて、商品の魅力も伝えられるようなデザインを考えます。

⑤生産

工場で安全な化粧品を作ります。

研究開発で決定した処方通りに原料を配合して製造します。

安全性を第1に考えて品質管理をして、

原料・パルク・完成品という製造の各段階で検査を繰り返します。

⑥物流

各地の販売店に運びます。

化粧品の品質を保つ為に保管する倉庫は、温度や湿度が管理されています。

出荷前に品質検査を行って、薬局や化粧品売り場などの販売店に運びます。

⑦販売

ショップで販売します。

美容スタッフがお客様に丁寧に使い方や効果を説明します。

商品の魅力を伝えて、メイクアップのアドバイスも行います。

⑧広告宣伝

商品の魅力を伝えます。

完成品をたくさんの人に伝える為にテレビCM、ホームページ、ポスター等を作成します。

画像や言葉で印象が残るように工夫して作ります。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア