キーホルダーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

観光スポットに行く度に素敵なお土産や特産品が挨拶をしてくれます。

旅行中に可愛いキーホルダーがお店に並んでいる姿が浮かびました。

日常生活に使用する鍵は、とても便利です。

しかし、紛失や盗難という恐ろしい恐怖が大波のように押し寄せてきます。

キーホルダーやキーケースの有難味が大いに味わう事ができます。

キーホルダーについて

キーホルダーは、鍵を1つに束ねて置く為の道具です(鍵の付属品です)。

別名はキーリング、キーチェーン、キーフォブです。

ちなみに、和製英語です。

そして複数のカギを収集する事によって、携帯がしやすい事や紛失しにくくなります。

主に見極め目的として採用される事が多いです。

所有物を安易に識別できる事が大きなポイントです。

基本的には、キーリングタイプがほとんどです。

さらにキーリングは、持ち手があって掴みやすいタイプが増えています。

現在は、デザイン性が重視されてきています(キャラクター、マーク、ロゴ、シンボルなどです)。

ちなみにキーリングは、鍵の着脱ができる金属製の外輪です。

しかしキーホルダーは、外部による外圧や衝突等によって変形や破損する恐れがあります。

鍵とキーホルダーを保護対策として、キーケースや容器などがあります。

紛失、盗難、焼失、遺失などが生じる場合があるので、注意が必要です。

 

主なキーホルダーの素材についてです。

ゴールド…高級感がある素材です。

ニッケル…耐久性が高い素材です。

ブロンズ…耐熱性が高い素材です。

主なキーホルダーの種類について

シンプル・キーホルダー…シンプルなキーホルダーです。

【参考画像】

キーケース…高級向けのキーホルダーです。

【参考画像】

キャラ・キーホルダー…キャラクター入りのキーホルダーです。

【参考画像】

スマートキーケース…スマートキー向けのキーホルダーです。

【参考画像】

アニマル・キーホルダー…動物柄のキーホルダーです。

【参考画像】

クライミング・キーホルダー…登山向けのキーホルダーです。

【参考画像】

キーホルダーの歴史について

縄文時代、携帯用の鍵袋として利用されていました。

ちなみに鍵は木製、道具箱のようなキーホルダーが好まれていました。

19世紀、イギリスで2重のリングが開発されました。

主な目的は、鍵の保管所や鍵の識別などです。

その後、デザイン性の需要が高まっていきました(徐々に装飾目的に移行していきました)。

現在は、安価でシンプルなキーホルダーが人気です。

特にキャラクター入りのキーホルダーは、観光名所や企業広告等に幅広く利用されています。



キーホルダーのサイズについて

全長…ティアラの先端から端まで測った値です。

日本の主なキーホルダーのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 全長
SSサイズ 約10.0㎝
Sサイズ 約11.0㎝
Mサイズ 約12.0㎝
Lサイズ 約13.0㎝
LLサイズ 約14.0㎝
 
 
    

Thank you