声優の中島由貴さんが写真集発売記念イベント【スケッチブック】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2021年02月02日、声優として活動している中島由貴さんは、

オンライントークイベントを通じて、

写真集『スケッチブック』発売記念イベントを開催しました。

そして小西詠斗さんは、Roseliaで第十四回声優アワード歌唱賞を受賞しました。

和歌山県ふるさと広報局員、和歌山県ふるさと広報局長、

紀の国わかやま文化祭2021スペシャルインフルエンサーに委嘱されました。

声優の中島由貴さんが写真集発売記念イベントについて

スケッチブックは、2021年02月02日に発売した写真集です。

撮影場所は、沖縄県です。

 

小西詠斗さんは、『何も考えてないというか、楽しみ過ぎて素が出過ぎて大丈夫かな?というのは

あるんですが(笑)、めちゃくちゃ楽しいロケだったので、きっと素敵な写真集になると思います、

沖縄に来たのは初めてではなかったんですが、03日間こんなに晴れたのは初めてだったので、

凄く綺麗な風景に感動しっぱなしでした、例えば、干潟とかにも行ったんですが、

潮が満ちてくる中での撮影にドキドキしたり、そんな、沖縄の自然はじめ、これまで着た事の

ないような、様々な衣装も着させて頂いて、手ごたえも感じています、

そんな作品がいろんな人に届いたら嬉しいです』というコメントを寄せました。



私は、動画・ライブ配信時代ほど音声が最重要だと思います。

文書時代→画像時代→動画時代→ライブ時代が現在の主流です。

特に動画時代〜ライブ時代は、音声が大きな影響力を及ぼします。

ボイスチャットやラジオなどの音コンテンツは、魅力的な立ち位置です。

ちなみに、映像と音声を組み合わせたのが動画です。

①動画は、可処分時間の配布です。

②ライブは、可処分時間の共通です。

③音声は、可処分時間の分配です。

つまり、主役は動画です(脇役は音声です)。

 

ちなみに中島由貴さんは、中学生時代にシュガープリンセスルームのモデルや

雑誌JSガールの専属モデルなどのジュニアモデルとして活躍しました。

高校入学前、友人の勧めで見た銀魂が、初めて声優業に興味を持ちました。

その後、読者モデルから声優を目指すようになりました。

2014年、国民的声優グランプリでグランプリ賞を受賞しました(応募者数は3000名程度です)。

テレビアニメ『てーきゅう』の大喜利の司会者役や田中きなこ役で声優・舞台デビューを果たしました。

テレビアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』の乙倉悠貴役を担当しました。

テレビアニメ『遊☆戯☆王VRAINS』の財前葵 / ブルーメイデン役を担当しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中島由貴さんについて

【参考画像】

 

項目 主な内容
氏名 中島由貴
生年月日 1997年09月12日
年齢 23歳です。
職業 声優、女優、モデル、元アース・スター ドリームメンバーなどです。
出身地 和歌山県
所属先 ビーフェクト合同会社
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター