2000年以降、世界各地で血液型に関する大規模調査が行われました。

血液型と特定の病気リスクの関係性が次第に明らかになっていきました。

そして病気のカルテの電子化によって、データ分析がしやすくなりました。

つまり、多くのデータ収集が容易になった事です。

さらに、血液型別にかかりやすい病気が少しずつ明らかになりました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について