【定期テスト対策】磁石・磁力・磁界・磁力線・電力・熱量・電磁誘導・誘発電流・モーター【高校入試】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

磁石と磁界について

磁石は、2つの磁極(N極とS極です)をもっていて双極性の磁場を発生させる源の物体です。

磁力…2つの磁石の磁極を接近させると、互いに力を及ぼす力です。

磁界…磁石の働いている空間です。

磁力線…磁界の各点での磁界の向きを表す線です(実在する線ではないです)。

主な特徴は磁石のN極からS極に向かう事、交わったり途中で消えたりはしない事、

磁力線が密な所ほど磁界は強くなる事です。

電流の磁界について

導線に電流を流すと周辺に磁界ができます。

コイルに電流を流すと磁界ができます。

磁界の強さは電流の巻き数、強さ、鉄心の太さに比例します。

磁石の磁気と磁極の間に導線を置いて電流を流すと、

電流の磁界と磁石の磁界が作用して導線が動きます。

右ねじの法則…電流の流れる向きをねじの進む向きと一致させた場合は、

電流の作る磁界の向きが右ねじを回す向きと一致します。

モーター…電流が磁界から受ける力を利用したモノです。

電磁誘導と誘発電流について

電磁誘導…コイル内に磁界の変化を与えるとコイルに電圧が生じて、

閉じた回路に電流が流れる現象です。

誘導電流…電磁誘導によって流れる電流の事です。

コイルに生じる誘発電流は、コイルの中の磁界の変化を妨げる向きに流れます。

大きな特徴はコイルの巻き数が多いほど大きい点、コイルの中の磁界の変化がはやいほど大きい点、

磁界が強いほど大きい点です。

発電機…電磁誘導によって発電するモノです。

電流の強さや向きが変化する交流に変化します。

電磁誘導の生み出し方は、コイルの間で回す方法と磁界内で回す方法などがあります。

電力と熱量について

電力…電気器具の能力を表す量です。

単位は、W(ワットです)です。

公式は、電流P(Wです)=電流I(Aです)×電圧V(Vです)です。

ちなみにAはアンペア、Vはボルトです。

熱量…電熱線に電流を流した際に発生する熱です。

大きな特徴は、電力に比例します。

単位はJ(ジュールです)です。

1Wの電力を1秒間使用した時に発生する熱量は1Jです。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

  

この記事を読んだ後に読まれている記事

 

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター