食材の保存テクニックについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

食費を節約する為にまとめ買いをしてしまう人が多いです。

そして生鮮食品は、料理したい日に使う分だけこまめに買うのが理想像です。

新鮮な食材で美味しい料理をして楽しみたいですね。

さらに、値引き時やクーポンなどのバーゲンセール並みの勢いで買い置きする事も少なくはないです。

しかし、買った時のままの美味しさを維持していく方法があります。

食材保存の基礎知識について

消費期限…安全性があると認められた期間です。

期限後は、食べない方が良いです。

賞味期限…美味しく食べられる期間です。

開封後は、期間関係なく早めに食べる方が良いです。

 

便利な食品保存道具は、主に乾燥や酸化などを防ぐ効果などがあります。

ラップ…材質が異なるので耐冷性を優先して選びましょう。

アルミホイル…凍結時間の短縮や酸化防止に効果があります。

キッチンペーパー…水気を拭き取る道具です。

金属製のトレー…アルミ版は凍結時間を短縮できます。

密封容器…そのまま電子レンジに使用できる容器です。

ジッパー…保存袋です(エチレンガス対策です)。

エチレンガスは、植物ホルモンの作用で熟成効果があります(老化現象です)。

ポリ袋…エチレンガス対策用の袋です。

新聞紙…乾燥対策、冷え過ぎ対策に効果があります。

脱水シート…水分が抜けて保存性が高まります。

ラベルシート…保存日が確認できるメモシートです。

食材の冷蔵保存について

冷蔵保存は、冷蔵庫に入れて食品を保存するやり方です。

基本的に約0℃(度です)~約10℃です。

肉類・魚類…チルド室(約0℃~2℃です)で保存します。

…尖った方を下にして卵入れに保存します。

豆腐…水に張った容器に移し替えて保存します(水は毎日入れ替えをしましょう)。

こんにゃく…水の入っている袋に浸して、空気を抜いて保存します。

根菜…湿らせた紙類を巻いている状態でラップをして、ビニール袋に入れて保存します。

具体例はにんじん、キャベツ、大根などです。

立菜…牛乳パック等を利用して立たせて保存します。

具体例はねぎ、アスパラガス、とうもろこしなどです。

かぼちゃ…種を取ってラップ保存します。

しいたけ…トイレに並べてラップ保存します(傘部分の方を下にします)。

食材の冷凍保存について

冷凍保存は、冷凍庫に入れて食品を保存するやり方です。

基本的に約18℃以下です。

冷凍保存に適していない食品は乳製品、卵、豆腐、こんにゃく、生野菜、果物などです。

肉類…1枚ずつ剥がして金属製のトレーに移して保存します。

魚類…腸部分を抜いて保存します(魚の部分保存する場合はラップをしましょう)。

野菜…水気を取ってラップ保存します。

パン…1枚ずつラップして保存します。



食材の常温保存について

常温保存は、温度が常に一定保たれている状態で保存するやり方です。

基本的に約15℃~約25℃です。

玉ねぎ…風通しの良い場所で保存します(暗い場所で保存すると芽が出るので注意しましょう)。

バナナ…吊るして保存します。

トマト…吊るして保存します(熟した場合は冷蔵保存します)。

唐辛子…乾燥させて吊るして保存します。

果物…常温保存します(甘みを増加する果物に限ります)。

具体例はパイナップル、マンゴー、パパイヤなどです。

唐辛子…乾燥させて吊るして保存します(虫除け効果に期待できます)。

食材の解凍のやり方について

解凍は、冷凍品を加熱して冷凍状態ではない状態にする事です。

電子レンジ解凍…一般的な方法です(早く解凍ができます)。

自然解凍…自然に解凍していく方法です。

常温に置いておくと腐る原因に繋がるので、冷凍庫から冷蔵庫に移し替える事をオススメします。

加熱解凍…凍った状態で調理する方法です(煮込み時間によって解凍時間が変わります)。

流水解凍…食用ポリ袋に入れたまま流水する方法です(自然解凍よりも早く解凍できます)。

ゆで解凍…ブランチングをする方法です(ゆですぎに注意です)。

ブランチングは、冷凍前にゆでる事です。

 
 
    

Thank you