ニンテンドークラシックミニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

1990年代に革新的な発明が起きました。

娯楽の象徴とも呼ばれるコンピューターゲームが急成長していた時期です。

エンターテイメントの最高峰がスポーツに集中しています。

ゲームの種類は卓上ゲーム、ボードゲーム、ダイスゲーム、カードゲーム、

ロールプレイングゲーム、オンラインゲーム、コンピューターゲームなどなど増えていきました。

スポーツもゲームの一種ですね。

20世紀末、ファミリーコンピューターの進化系が登場しました。

それは、スーパーファミコンです。

ニンテンドークラシックミニについて

ミニスーファミは、コンパクトなスーパーファミコンです。

公衆電話からスマートフォンに生まれ変わったような感覚ですね。

大きさだけが変わっても肝心な内容が気になります。

小型は持ち運びが便利ですが、操作ができるハンドルが命です。

ニンテンドークラシックミニのコントローラーは、当時と変わらないサイズ感で楽しめます。

さらに、1人用のゲームだけでは飽きてきます。

兄弟、姉妹、家族、友達、同僚などなど子どもから大人までがワクワクさせれる付属品が追加されました。

付属のコントローラーは、2個です。

これは、2台買うと4つのコントローラーが使えます。

コントローラーは併用できる為、友達同士で使いまわしも容易にできます。

手の中に納めるだけで2人用のゲームがプレイできます。

ミニスーファミ対応ソフトについて

ニンテンドークラシックミニの主な対応ソフトはスーパーマリオワールド、

ゼルダの伝説、スターフォックス、スーパーマリオカート、スーパーメトロイド、

ロックマンエックス、エフゼロ、ヨッシーアイランド、聖剣伝説2などです。

さらにニンテンドークラシックミニは、

2016年11月10日にニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが発売されて以来の新登場作品です。


スーパーファミコンについて

ミニスーファミが誕生する前に黄金期であるスーパーファミコンについてです。

スーパーファミコンは、任天堂株式会社が1990年11月21日に家庭用ゲーム機として発売しました。

ファミリーコンピューターの後継品として注目されました。

ちなみにファミリーコンピューターは、

任天堂株式会社が1983年07月15日に家庭用ゲーム機として発売しました。

ゲーム&ウォッチ事業が好調になった事がきっかけで、新たに開発した家庭用ゲーム機です。

これらの大きなブームを招いた将軍が任天堂です。

任天堂について

任天堂は、娯楽関連を中心とした企業です。

1889年に創業して、トランプや花札などの玩具を製造販売していました。

1970年代頃からコンピュータゲームに参入しました。

スーパーマリオ関連のゲームソフトが大きな貢献をして、幅広い層に認知していきました。

個性的なキャラクターが全面にパフォーマンスを繰り返して、ゲーム業界を旋律しています。

大人気ゲームタイトルはマリオシリーズ、ポケモンシリーズ、ゼルダの伝説シリーズ、

カービィシリーズ、ドンキーコングシリーズ、スターフォックスシリーズ、

ゲーム&ウォッチシリーズ、テトリスシリーズ、どうぶつの森シリーズなどです。

そして有名な本体はゲームボーイ、ゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS、Wii(ウィーです)、

ニンテンドー3DS、ニンテンドー2DS、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチです)などです。

ちなみに、ニンテンドークラシックミニは2017年10月05日に7980円(税込価格です)で発売予定です。

ニンテンドークラシックミニについて

【参考画像】

項目 主な内容
タイトル名 ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン
発売日 2017年10月05日
内容セット 付属のコントローラー2個です。
価格 7980円(税込価格です)
販売元 株式会社任天堂
 
 
    

Thank you