仕事

【就活】生命保険【業界研究】

       

生命保険市場は、低金利環境による国債の運用難が影響しています。

そして、一時払い終身保険で有名な円建ての貯蓄性商品の売上や販売抑制が続いています。

最近は、代替品である外貨建て保険の販売が増加しています。

しかし、為替リスクによってお客様の苦情が課題になっています。

さらに国税庁は、節税保険の課税ルールの見直しを実行しました。

中小企業経営者向けの保険依存が低下して、外貨や不動産への需要が伸びています。

Open

【就活】戸建て住宅【業界研究】

       

地方銀行が融資の引き締めを強化した事によって、賃貸住宅数が減少しています。

そして、少子高齢化による国内住宅市場の先行きが懸念されてます。

しかし、大手住宅企業は、受注額10億円以上の大規模建築の受注を増やしています。

戸建てのノウハウを活かして、短い工期でサービス付き高齢者向け住宅や

オフィスビルなどの需要が高まっています。

さらに、中古住宅やリフォームの需要が伸びています。

Open

【就活】不動産【業界研究】

       

金利低下や金融市場の活性化によって、地価の上昇傾向が多いです。

特に都心オフィスビル需要が高く、賃料が上昇傾向です。

しかし、新規参入によって、空室が増加する見通しがあります。

そして海外向けの商業施設、ホテル、リゾート、物流施設などの開発も増加しています。

新築ビルへテナントを移転する事で、既存ビルの空室が懸念されています。

最近は、IT(情報技術です)で取引を効率化や透明化による不動産テックが目立っています。

Open

【就活】陸運【業界研究】

       

2019年、日本政府は荷主企業3600社に対して物流網の維持に向けた行動計画を作成や

公表するように要請しました。

そして、貨物輸送量のほとんどを担うトラックの運転手不足が深刻化しています。

現在は、物流が停滞する危機に直面しています。

さらに、配送時間に余裕を持たせたり、商品の発送時期の偏りをなくしたり、

具体的な対応が課題になっています。

今後は、働きやすい労働環境を整備して物流網の維持に繋げる事が必要です。

Open

【就活】学習塾・教育サービス【業界研究】

       

少子高齢化により、国内教育サービス市場は伸び悩んでいます。

特に少子化で、業界再建や校舎の統廃合が目立ちます。

最近は、難関校を目指す生徒を対象とした個別指導塾が増えています。

そして、2020年から大学入試センター試験が変わりました。

主に英語で書いたり、話したりする能力に関する問題が増えました。

今後は、小学校でプログラミング教育や英語学習などが必修化になっていきます。

学校や学習塾が連携する事が増加していきます。

Open

【就活】介護サービス【業界研究】

       

2000年04月01日、介護保険法の試行によって、民間企業の新規参入が進みました。

そして高齢者は、自治体から要介護の認定を受けてサービスを利用します。

団塊世代の高齢化により、高齢者からの様々なサービスが増えています。

さらに介護保険は、高齢者を社会全体で支える仕組みです。

利用者の自己負担を除く介護給付費は国、都道府県、市町村の税金でまかなっています(50%です)。

ちなみに残り50%は、40歳以上の国民が支払う保険料です。

Open

【就活】冠婚葬祭【業界研究】

       

国内の婚礼市場は、苦戦しています(海外は、伸びています)。

最近は、写真撮影だけのフォトウェディングも増加しています。

そして冠婚は、婚活サービスが人気です。

特に20代会員が増えて、マッチングアプリサービスの利用へのハードルが下がっています。

さらに葬祭は、終活に取り組む人が増えた事で家族葬の需要が増えています。

遺族がインターネットで葬儀場を簡単に探す事ができるサイトも登場しました。

しかし、単価は下落傾向です。

Open

【就活】保育サービス【業界研究】

       

日本政府は、2019年10月から幼児教育や保育を無償化する方針を発表しました。

許可保育所や3歳児〜5歳児向け幼稚園は、原則無償化です。

基本的に3歳児〜5歳児向け、市町村民税非課税世帯の0歳児〜2歳児向けです。

そして保育所運営の担い手となる保育士の不足が目立っています。

しかし、事業者は保育所を増やしくい構造(規制です)になっています。

特に首都圏の需要が多いので、大きな課題を抱えています。

Open

【就活】倉庫【業界研究】

       

インターネット通販が発達して、配送拠点として注目されている倉庫は、

庫内の業務改善を念頭においた設計をしています。

主に免震構造や災害時のBCP(事業継続計画です)などに対応しています。

そして、システムとロボットを組み合わせた自動倉庫で省人化を進める

AI活用が大きな期待がされています。

人工知能の利用は、需要予測を基づいた生産や調達の最適化を図る重要な技術です。

Open

【就活】鉄道【業界研究】

       

農村部よりも都市部を中心に鉄道需要が高いです。

東京五輪やパラリンピックなどの大型イベントに向けて、

運転保安工事や輸送力増強工事などの設備投資を進めています。

そして訪日外国人が団体ツアーから鉄道を利用した観光スポット化を目指しています。

特に私鉄は、ホームの拡張工事に注力しています。

しかし、少子高齢化による人口減が加速しています。

Open