経済

ハケの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

塗装を綺麗に仕上げてくれるハケは、塗る場所に適したハケを使い分ける事で、

水性向け・油性向け・ニス向けなどの様々な塗料に応じて変更する事ができます。

そして広い面積を効率良く塗りやすいローラーバケは、

ブロック塀や壁などの塗装が早く行えます。

ちなみにローラーは、毛の長さや幅が異なるので

用途によって塗り上手になれるチャンスが得やすいです。

Open

トイレのメンテナンス【トラブルサポート】

       

トイレの水が止まらなかった理、水が流れなかったり、トイレのトラブルは厄介です。

そして排水管の詰まり以外の水洗いトイレのトラブルは、ロータンクの故障が多いです。

ロータンクを修理する際は、止水栓を閉めていきます。

さらに少しでも不自由を感じている家庭は、少しでも使いやすくしたいです。

ちなみに修理後は、止水栓を開ける事も忘れずに行っていきます。

Open

洗面所のメンテナンス【トラブルサポート】

       

いつも気持ち良く使いたい洗面場は、快適に過ごしやすい空間を作り出す事ができます。

そして、トラブルにあったら困ってしまいがちです。

徹底して水まわりの修理や修繕のやり方をステップごとにメンテナンスをする事ができます。

さらに、ちょっとしたリフォームや修繕は実現しやすいです。

暮らしがもっと楽しくなる、日曜大工よりもDIYです。

Open

ドライバードリルの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

木工作業に欠かせないネジ締めや穴あけ兼用マシンであるドライバードリルは、

目的に合わせて威力を発揮できる電動工具です。

そして従来、木の接合は釘で行っていましたが、現在はネジが主流です。

さらに、大きな穴を開ける時や数多くの穴を開ける時なども

スイッチ1つでこなしてくれます。

ちなみにバッテリー式が、初心者に取り扱いやすいです。

Open

ジグソーの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

直線や曲線も切る事ができる便利な道具であるジグソーは、

危険度も少なく扱いやすい電動工具です。

そして初心者は、変速ダイヤルの付いた変速タイプが人気です。

さらに、一気に切ろうとせずに墨線から外れてしまったら無理をせずにスイッチを切って、

墨線から外れた位置までジグソーを戻して、再び切り始めれば大丈夫です。

ちなみに、角度定規や平行ガイドなどで綺麗に切断する事ができます。

Open

接着剤の基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

塗るだけで繋がる簡単な接合道具である接着剤は、

どんなモノでもくっつけてしまうほど性能は目覚ましいです。

そして適正な接着剤を選ぶ事で、効果が大きく変わっていきます。

塗る素材に合った接着剤を使用していくと、キレイに塗る事ができます。

さらに片面に塗れば良いのか、両面に塗らなくてはならないのか、

塗った後に放置時間に至るまでのタイプによって異なっています。

Open

ペンキの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

素材の保護や着色に役立つペンキは、DIY(自分で作ったりする事です)に重要な道具です。

そして、色を付けながら木目を生かしていきます。

アンティークな雰囲気にする場合は、薄めて塗ります。

塗膜が透けて木目の味わいが引き立てやすくなります。

さらに、ペンキがハゲかけた表現にする事ができます。

ちなみに乾いた後は、表面保護目的でニスを上塗りして補強していきます。

Open

サンドペーパーの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

削る作業や磨く作業などに利用されている道具の中で、

最も初歩的で使いやすいサンドペーパーがあります。

そしてサンドペーパーは、布や紙などに接着剤で研磨剤の粒を貼り付けた

粗い研磨剤が接着された小さいモノや

細かい研磨剤が接着された数字が大きい番手のモノなどがあります。

さらに研磨する材料や使い方によって、適正なモノを選ぶ事ができます。

Open

金槌の基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

継ぐ・打つ・叩く、基礎からしか基礎が生まれない。

木製の柄に鉄の塊がついているだけのて道具として有名な金槌は、

振り下ろした力を衝撃力に変換して釘を打ち込んでおもちゃです。

そして現在は、カナヅチとクギのハッピーセットよりも

ドライバードリルとネジのクオリティーセットの方が主流です。

しかし、力加減や体の重心位置などのDIY初心者には最適な工具です。

Open

メジャーの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

       

より精度が高い計測が期待できるメジャーは、長いモノを測る際に活躍できます。

そして慣れていない人は、引っ掛けたツメからメジャーを垂直に引っ張る事自体が難しいです。

微妙な誤差が発生したり、斜めに引っ張ってしまったりします。

そこで、なるべく端を測ってみると正確に計測がしやすいです。

できるだけ片手でツメを押さえながら、対象物を動かさないようにすると上手くいきやすいです。

Open