経済

株式売却について

       

会社の売却先を見つける為には、会社の収益力が最重要です。

バランスシートがしっかりしている事(会社を清算しても優良な資産が残る事です)や

高い収益性がある事(ビジネスモデルや組織を変える事で収益性が改善する事です)です。

そして株主や取引先が増える事で、利害関係者が多くなります。

自分で探す方が楽ですが、簡単に売却先を見つからない事が多々あります。

一般的な相談先は顧問税理士、専門M&A仲介会社、弁護士、商工会議所、取引銀行などです。

ちなみにコンサルティング料金、成功報酬、仲介手数料なども発生する場合もあります。

Open

倒産について

       

会社は、経営を継続する事を果たし得る自社の従業員(スタッフです)や

取引先企業などに対する社会的責任があります。

そして、会社経営者として再建したいという意味がある場合は、

企業の社会的責任を果たす為に、

実際に再建できる可能性が現時点でどの程度あるのか、確認できます。

さらに倒産は、法的な手続きや私的な手続きがあります。

Open

事業の終わらせ方について

       

いかにダメージを少なくして撤退するか・・・

事業経営から徹底する時は、出口戦略が重要です。

そして会社を終わらせる場合は、廃業や倒産などの様々な形態があります。

経営に行き詰まっていても大きな負債を抱えている時は、

自主廃業として会社を解散する事ができます(清算の手続きです)。

さらに事業を譲る場合は、M&A(企業買収や企業合併などです)が多いです。

多くの経営課題を解決する為の有効な手段として利用されています。

Open

クラウドファンディングの種類について

       

2014年度の中小企業経済白書の研究調査データによると、

世界クラウドファンディング市場は、約2342億円です(2012年です)。

そして、前年比81%(パーセントです)増です。

さらに2016年度の矢野経済研究所の研究調査データによると、

国内クラウドファンディング市場規模は、約745億5100円です。

ちなみに、新規プロジェクト支援額の前年比96.6%増です。

Open

クラウドファンディングの基礎知識

       

中小企業や大企業の企業経営で重要な資源があります。

人、モノ、お金、情報です。

そしてクラウドファンディングは、お金に関わっている分野です。

景気の動向にかからわず、資金繰りは最重要項目の1つです。

さらに中小企業の資金繰りは、大企業と比較すると厳しいです。

大企業は、豊富な資金調達手段が多いからです(直接金融が可能です)。

中小企業は、借入金(間接金融です)に依存しているからです。

Open

【キャッシュレス決済】スマホ決済の支払い方法【初心者講座〜上級者講座】

       

以前は、クレジットカードに代表されるプラスチック系のカードが主流でした。

しかし最近は、スマートフォンを利用するスマホ決済が急速に復旧しています。

そしてクレカやプリペイとカードなどは、用途に応じて複数枚を持ち歩く必要がありました。

たくさんのカードでお財布がいっぱいになって困っている人が多いです。

スマホ決済の場合は、利用したい決済サービスのアプリをスマホやタブレットなどに

ダウンロードをしておくと、1台あれば事足ります。

Open

【キャッシュレス決済】スマホ決済のメリットとデメリット【初心者講座〜上級者講座】

       

キャッシュレス社会で大きな存在力を担っていくのがスマートフォン決済です。

そしてQRコード決済を中心としたスマホ決済は、現金払いのデジタル版です。

消極的な店舗オーナーや利用者が、

キャッシュレス化に対するハードルが高いイメージがあります。

特に小規模店舗や個人事業主がスマホ決済の導入を検討する課題が増えています。

さらに新たなサービス事業者や国の支援などによって、少しずつ変化が生じています。

Open

【キャッシュレス決済】スマホ決済の基礎知識【初心者講座〜上級者講座】

       

日本政府は、キャッシュレス化を推進政策を開始しています。

2019年10月01日、消費税の税率が08%(パーセントです)から10%に変更しました。

そして、中小企業や小規模事業者によるキャッシュレス手段を利用した

ポイント還元を支援していきます。

さらに国家予算を使用して、日本のキャッシュレス社会へ大きな投資をし続けています。

ちなみにキャッシュレスは、現金を介さない決済方法です。

Open

クラウドストレージの基礎知識【初心者講座〜上級者講座】

       

データを格納したり、アクセスするクラウドサービスの1つとして

クラウドストレージがあります。

そしてクラウドサービスの性質に合わせて、データアクセス方法が異なります。

通常のファイル共有をする場合はファイルストレージ、

インターネットを経由でアクセスしたり、更新頻度が少ないデータはオブジェクトストレージ、

高速なレスポンスが必要な場合はブロックストレージが利用されています。

最近は、ビッグデータ分析基盤の構築で多く利用されています。

Open

仮想サーバーの基礎知識【初心者講座〜上級者講座】

       

クラウドサービスの代表例である仮想サーバーは、

ハードウェアリソース(物理サーバーのメモリやストレージなどです)を、

ソフトウェアによって論理的に分割して利用できます。

つまり、お客様の要求に応じて、作成・起動・停止・削除などができます。

様々な機能を組み合わせる事で、小規模から大規模まで、

システムを柔軟に構築する事が可能です。

ちなみに、主にクラウドサービスであるIaaSやPaaSとして提供されています。

Open