金融

株式の基礎知識

       

株券は、株式会社に資金を出資している証明として、

株主に対して発行される社員券です。

そして、株主が株式会社へ出資した資金は、

会社が存続する限り払い戻しがされません。

株主が株式を換金しようとする場合は、株式市場で売却します。

Open

信託と信託銀行について

       

投資をする場合は、自分で判断しなければなりません。

多種多様の金融商品がありますが、

自分で運用する代わりに専門家にお願いする方法があります。

信用して託す事によって、資産運用や財産の安全や保全などを実現する事ができます。

そして、慎重に信託を選ぶ事が重要になっていきます。

Open

外貨預金と外国為替相場について

       

外貨預金は、高金利という特典があります。

預貯金の場合は、元本保証があります。

しかし、外貨預金は外国為替相場の動向に左右されるので、

日本円換算した時に元本割れをする場合があります。

外国為替は、為替差益が大きな特徴があります。

Open

外国為替証拠金取引について

       

最近は、北朝鮮核開発問題による地質学的リスクを回避する為に外国為替市場が、

大きく動いていますね(株式市場も同様です)。

地質学的リスクは、特定地域が政治的や社会的な緊張の高まりによって、

地球上の地理的な位置関係による世界経済の先行きが不透明化する事です。

外国為替証拠金取引(FXです)を利用する方は、特に注意が必要です。

Foreign Exchangeは外国通貨(ドル、ポンド、ユーロなどです)を売買や交換して、

その差益を目とした金融商品です。

Open

定期預金の分類について

       

満期まで預金を継続すると普通預金よりも高い金利が手に入ります。

より多くの利息が貰える定期預金は、色んな種類があります。

定期預金のメリットは高金利、短期間~長期間などのキャンペーンがあります。

そしてデメリットは中途解約が難しい、安易に引き出せないなどがあります。

金融商品の中で安全な運用が期待できます。

定期預金は、保険として運用していく考え方の方が望ましいです。

Open

預貯金の分類について

       

預貯金の利子は原則として、一律20.315%の源泉分離課税が適用されています。

具体的な内訳についてです。

所得税15%、復興特別所得税0.315%(2013年01月01日~2037年12月31日までです)、住民税5%です。

障害者などの場合は、規約範囲内で利子非課税制度が適用されて、

元本350万円までの利子は課税されません(外貨預金の利子は適用されません)。

それでは、預貯金の分類についてです。

Open

預貯金について

       

日常生活でよく利用されている銀行は、預貯金機能があります。

預貯金は、預金と貯金を合わせた用語です。

全国各地にある金融機関が取り扱っています。

有名な銀行は郵便局、ゆうちょ銀行ですね。

信用金庫や信用組合は、農業協同組合(JAです)があります。

労働金庫は、漁業協同組合(JFです)があります。

Open

金融機関の選び方について

       

資金を安全に運用していく為にはどのような判断基準がありますか?

金融商品自体のリスク、元本保証されている商品の安全性、金融商品の発行機関、

取り扱っている金融機関の安全性や利便性などが大きな悩みの種になります。

健全で優れた金融機関を選ぶ必要性が重要になっていきます。

有力な金融機関を選ぶためには、7つの大きな特徴があります。

Open

金融商品の保護に関する種類について

       

金融機関が破綻しました。

預金者、投資者、保険契約者などの保護から、

金融機関の破綻によって払戻しが不可となった場合は、

破綻金融機関に代用して払戻しや破綻に伴う損失の補償などを行います。

現在は、預金保険制度、投資者保護基金、保険契約者保護機構などがあります。

保護内容は、制度によって異なります。

ちなみに、金融商品の保護は限度額があります。

Open

金融商品の変化について

       

昔の金融の仕組みは個人と企業などのお金のやり取りが、

銀行や信用金庫などを仲立ちして行われる間接金融でした、

個人は銀行などにお金を預けます。

それを銀行は企業に設備投資資金などとして、

また個人に住宅ローンとして融資できます。

貸し出す資金が回収されるか回収のリスクは銀行が負う事で、

個人は預貯金で貯蓄していると一定の金利を獲得する事ができます。

Open