FXの注文方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

平日24時間マーケットが開催されているFX市場は、

有効期限を設ける事ができます。

ちなみに外国為替証拠金は、外国為替の取引が行えれる資産運用方法です。

基本的には、投機目的で取引をする場合が多いです。

押し目(上昇相場が一時的に下落する局面です)が大暴落に繋がる場合があるので、

慎重に取引をする必要性があります。

主なFXの注文方法について

成行注文…価格を指定しない注文方法です。

これは、買いたい価格や売りたい価格を設定しないやり方です。

相場の動きによって、リアルタイムで確認できます。

しかし為替レートの大幅な変動によって、大きな損失が発生する可能性が大きいです。

有効な活用方法は、短期売買に大きな期待が発揮できます。

 

指値注文…価格を指定して注文する手法です。

別名はリミットオーダー、リーブオーダーです。

基本的には、自分が設定した値段で売買します。

買いたい価格や売りたい価格を事前に注文画面に入力しておく事によって、

為替レートがその値段になった時に自動的に約定(執行です)します。

有効な活用方法は、利益確定時に大きな期待が発揮できます。

そして、リアムタイムで相場状況を確認する必要性がないです。

 

逆指値注文…不利な条件を利用して、価格を指定して注文する手法です。

別名はストップオーダーです。

これは指定した値段以上になれば売り注文、

指定した値段以下になれば買い注文を設定を事前に注文画面に入力しておく事によって、

為替レートがその値段になった時に自動的に約定(執行です)します。

有効な活用方法は、損切り時や利益確定時に大きな期待が発揮できます。

ちなみに、決済時に良く利用される手法の1つです。

そして相場は、ある一定の範囲内(レンジです)を往復する値動きがよく出現します。

基本的にレンジ時は、上値と下値を交互に変動するので、

大きな値動きが発生時にブレイクアウト戦略を選択する事をオススメします。

ブレイクアウト戦略は、過去一定期間内に最高値や最安値を超えて、

一方向に進行する性質を利用した戦略です。

しかし、チャート内に下値が連続で発生している時は注意が必要です。

暴落する予兆の判断材料の1つです。

逆指値注文は、FX初心者にオススメの方法です。

 

IFD注文…新規注文を選択して、

もしその注文が成立すると決算注文が出す事ができる手法です。

これは、新規注文~決済注文まで行ってくれます。

基本的には、新規と決済の値段を指定できます。

そして決済注文まで指定ができて、利益確定時や損切り確定時などを設定ができます。

相場を離れる際にとても有効です(逆指値注文をして、損切り設定が行えます)。

ちなみにIFDは、If doneの略語です。



OCO注文…新規注文や決済注文を同時に2つの注文を選択して、

どちらか先に注文が適用された注文が有効になって、

もう一方はその時点でキャンセルする事ができる手法です。

これは、相場に振り回されない方法です。

基本的には、要人発言や経済指標等の大きな相場変動対策です。

レバレッジが高い取引時に有効な手法の1つです。

ちなみにOCOは、One Cancels the other orderの略語です。

 

IFO注文…新規注文を選択して、

もしその注文が同時に成立すると2種類の決算注文が出す事ができる手法です。

そして2種類は、利益確定時や損切り確定時に分類されます。

これは、IFO注文とOCO注文を合わせた注文方法です。

基本的には、損失許容範囲を把握している時に有効です。

複数の取引が行えるので、損失機会を減らす事ができます。

ちなみにIFOは、If done and One Cancels the other orderの略語です。

トレーディング・ストップ…相場の流れについていきながら、

指定したレートもそれに合わせて動いていく手法です。

これは、逆指値注文の価格を為替レートに合わせて上げていく事です。

基本的には、利益確定の目安に有効です。

利益をできるだけ増やす事ができるので、損失許容範囲を広げる事ができます。

両建て…同一銘柄の買いポジションと売りポジションを同時に保有する手法です。

これは、両方のポジションを同じ金額だけ保有している状態です。

基本的には、利益確定の目安に有効です。

利益をできるだけ増やす事ができるので、損失許容範囲を広げる事ができます。

基本的には、スワップポイントが高い通貨に有効です。

都合の良い選択(スワップ金利や為替差損益などです)を選ぶ事ができます。

証拠金を減らさずに相場変動対策に期待できます。

スワップポイントは、2つの通貨間の金利差です(利息です)。

損切りの基礎知識について

損切りは、含み損が発生時に投資商品を観切り売りする行為です。

別名は、ロスカットです。

損失額を抑える効果があります。

損小利大…損益は小さく、利益は大きい事です。

大きな資金を失う原因は、利益確定判断の遅延です。

これは、許容範囲額を把握する事が重要です。

基本的には、損失を確定をする事です。

ちなみに四字熟語の場合は、小利大損が使用されています。

 
 
    

Thank you