ホルターネックについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

現在は、美貌を避け出したい女性が多く存在します。

ホルターネックをベースとしたファッション・スタイルが人気を博しています。

ホルターネックは、洋服の胸元から伸びる紐を結んで固定する衣服です。

艶やかな背中と透き通る美肌などの色っぽさを演出できます。

そして、大胆な露出度が大きな特徴がある服です。

ホルターネックについて

ホルターネックは、ノースリーブのトップスです。

ノースリーブは、袖なしの衣服です。

シングルストラップを服の前から首の後ろに回して結んだ服飾デザインの事です。

別名は、ホルタートップです。

女性の衣服のストラップの1つです。

さらにストラップは、幅のある布です。

ちなみに、ストラップ部分がホルターネックです。

特にバックレスドレスに利用される機会が多いです。

バックレスドレスは、背中に大きく開いたドレスです。

 

大きな特徴は、肩や背中が大きく露出している事です。

ちなみにホルターは、馬や牛などに付ける端綱です。

背中を大きく魅了できる効果がある事によって、ドレスや水着などに使用される事が多くなりました。

さらにネックストラップは、女性の長髪によってカモフラージュする事ができます。

ストラップが目立ちにくくなる効果に期待できます。

ネックストラップは、首にかけるストラップです。

ホルターネックの種類について

ドレス…ホルターネック入りの体を覆う衣服です。

【参考画像】

ワンピース…ホルターネック入りの上着とスカートを合わせた衣服です。

【参考画像】

水着…ホルターネック入りの水泳時に着用する衣服です。

【参考画像】

ウェディングドレス…ホルターネック入りの洋式花嫁衣装です。

【参考画像】

ホルターネック・キャミソール…ホルターネック入りの肩から紐で吊るした衣服です。

【参考画像】

ホルターネック・シャツ…ホルターネック入りの上半身に着用する衣服です。

【参考画像】

ホルターネック・ニット…ホルターネック入りの編んだ衣服です。

【参考画像】

ホルターネックの歴史について

キリスト教のカトリック系が、肌の露出を抑える事が求められているので、

基本的には露出度が低い衣服を使用されていました。

しかし第2次世界大戦後、社会的な宗教規制が弱体化しました。

自由を求める運動が高まり、女性の社会進出が広がっていくきっかけが多くなりました。

そして従来の観念にとらわれなくなるデザイン性が衣服に求められる事が起きました。

女性の美意識や協調性などが広がり、ドレスシーンを激変した時期でした。

大胆に肩や背中を露出するホルターネックが人気に1つになりました。

1960年、日本ではウェディングドレス等で採用されるようになりました。

高度経済成長期に大きく様式が普及して、一般化に発展しました。



ホルターネックのサイズについて

トップバスト…乳房が最も膨らんでいる所で測った値です。

アンダ-バスト…乳房の下を水平にして測った値です。

ウエスト…肋骨から縫い骨盤の間のくびれた部分で測った値です。

ヒップ…骨盤の一番広い部分で測った値です。

日本の主なホルターネックのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ トップバスト アンダ-バスト バスト ウエスト</th
Sサイズ 約79.0㎝~約83.0㎝ 約65.0㎝~約73.0㎝ 約58.0㎝~約64.0㎝ 約82.0㎝~約90.0㎝
Mサイズ 約83.0㎝~約85.0㎝ 約70.0㎝~約78.0㎝ 約64.0㎝~約70.0㎝ 約87.0㎝~約95.0㎝
Lサイズ 約85.0㎝~約88.0㎝ 約75.0㎝~約83.0㎝ 約70.0㎝~約78.0㎝ 約92.0㎝~約100.0㎝
LLサイズ 約88.0㎝~約96.0㎝ 約80.0㎝~約88.0㎝ 約76.0㎝~約84.0㎝ 約97.0㎝~約105.0㎝

 

 
 
    

Thank you