野菜炒めについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

手軽に調理できる料理は、とても魅力的な印象を与えてくれます。

忙しい時の味方である野菜炒めは、簡単に料理する事ができます。

そして、冷蔵庫と相談する時間が勿体ないという人もいます。

栄養素がある具材を使用して、お肉と野菜のコラボレーションが実現できます。

特に料理初心者は、手早く調理できるので失敗作になりにくいです。

野菜炒めについて

野菜炒めは、主に野菜を具材とした料理です。

別名は、肉野菜炒めです。

基本的に日本料理、中華料理などで利用されています。

大きな特徴は、調理が簡単な事です。

スーパーや直売所などで比較的に取り扱いやすい食品で構成されています。

小学校や中学校の調理実習に採用される事が多いです。

そして短時間で調理ができて、栄養価が高い料理として大学生や社会人などから高い支持を得ています。

人気の高い食材は豚肉、人参、玉ねぎ、もやし、にら、キャベツ、白菜、ナス、ピーマン、しいたけなどです。

 

野菜炒めの秘伝についてです。

炒め物は、大きな鍋で具材の量を少なくして調理する方が良いです。

火が通しやすくなる状態を保つ事が旨味に繋がります。

シャキシャキ感がある炒め物の場合は、先に油、塩、こしょうを入れます。

味全体に馴染んで炒めすぎる原因を最小限に防いでくれます。



野菜炒めの作り方について

美味しい作り方は、中華鍋の温度を下げない事がポイントです。

主な理由は、水気対策と火が通りやすくなるからです。

特に炒め物は、少量で炒めていく事が大きなポイントです

(量が多すぎると全体に火が通りにくくなるからです)。

①キャベツは3枚(4人分です)、薄切りベーコンは2枚、ピーマンは1個、にんじんは1/4本、

ゆで竹の子は50g(グラムです)、サラダ油は大さじ1/2、塩は小さじ1、こしょうは少々です。

②キャベツは薄切りです(芯は取り除きます)。

③ピーマンは約5mm(ミリメートルです)程度に輪切りで切ります。

④たけのこは薄切りです。

⑤にんじんは約5cm(センチメートルです)程度の長さに切ります。

⑥ベーコンは約3cm程度の長さに切ります。

⑦中華鍋を強火で熱してサラダ油を入れます。

⑧ベーコンから炒め始めます。

⑨ベーコンの油が滲みだした後、にんじんを入れて炒めます。

⑩キャベツ、タケノコを入れて炒めていきます。

⑪ピーマンを入れて、軽く炒めます。

⑫塩と胡椒で味付けをして完成です。

 
 
    

Thank you