クッキーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

サクサクとした食感と簡単に作れるお菓子で有名な洋菓子があります。

手作りで料理に挑戦する時に限って、難しい調理方法を選びがちです。

しかし、黄金色の上品さがあるクッキーはお手軽感があるプチ・スイーツです。

特にプレーンクッキーやチョコレートクッキーが大人気です。

初心者に優しい型抜きタイプは、星形やハート形などのデザートにする事ができます。

クッキーについて

クッキーは、小型の焼き菓子です。

別名は、ビスケット、プチフール、ゲベックなどです。

大きな特徴は、北米地域を中心とした食文化です。

そしてレシピによって甘さや食感が違っていきます。

水分量と焼き加減によって、サクサク感やしっとり感が楽しむ事ができます。

色々な形があってバリエーションが豊富です。

基本的にバター、卵、薄力粉などを使用しています。

ちなみにナッツや香り系を隠し味として利用する事もできます。

さらに水分が少ないクッキーは、腐敗しにくく保存性が高いです。

しけらないように密閉する事(においが移らないようにする為です)によって、

約1ヶ月程度保つ事ができます。

ちなみに生地は、約1ヶ月程度冷凍する事が可能です。



クッキーの作り方について

美味しい作り方は、空気を含ませる事がポイントです。

バターに空気を充分に含ませる事でさっくり感が味わえます。

①卵黄は1個、卵白は1個、バターは100g(グラムです)、薄力粉は140g、砂糖は60g、白ざらめは50g、

バニラオイルは3敵、強力粉は適量です。

②バターは、大きいボールに移して室温で柔らかくして待ちます。

③薄力粉は2回振って、砂糖を1回振ります。

④バターを泡立器で練ってクリーム風にします。

⑤砂糖を2回に分けて入れながら、白色ぽくなるまですり混ぜます。

そして、次に加える水分が分離せずに混ざりやすくなります。

ちなみにバターが柔らかくなりすぎている場合は、ボールに氷水に当てると改善できます。

⑥卵黄を入れながらほぐして、2回程度に分けて入れます

⑦その後、バニラオイルを入れます。

⑧ゴムべらを使用して薄力粉を入れて、粉気がなくなるまで混ぜます。

⑨ラップに広げて強力粉を少々振りかけて、生地を手でまとめながらラップ上に取り出します。

⑩約3cm(センチメートルです)程度の丸形を作ります。

⑪生地に卵白をはけで塗って後に、ざらめを付けます。

さらにざらめは、オーブンシートや紙に広げて転がす感じにすると付けやすくなります。

⑫ラップで包んで、冷蔵庫に1時間以上置いておきます。

⑬冷蔵庫から取り出して生地を約5mm(ミリメートルです)程度の厚さで切ります。

⑭約180℃(度です)のオーブンで約15分焼きます。

⑮焼き色が良い状態になった時点で取り出して、冷ましたら完成です(40個分です)。

ちなみに完全に冷めきった段階で、密閉してしけらないように保存します。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア