キャベツについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

食卓の定番野菜として有名な野菜があります。

農園に丸いサッカーボールのような緑玉が生えていて、

美肌効果に期待できる栄養成分が優れている植物です。

風邪や便秘に効果的な作用があるキャベツは、ビタミンが豊富に含まれています。

やみつきキャベツやロールキャベツなどの様々な食べ方が増えています。

ちなみに、食物繊維をより多く摂取する場合は生で食用する方が良いです。

キャベツについて

キャベツは、アブラナ科の植物です(1年草や年越草です)。

別名は甘藍、玉菜などです。

アブラナは、被子植物の1部です。

大きな特徴は、ビタミンUとビタミンCを豊富に含んでいる事です。

胃腸の粘膜の新陳代謝を活性化する働きや

たんぱく質のサポートをするなどの胃腸に関する病気に効果的です。

がん予防効果に有効な野菜として有名です(がん抑制物質を含んでいます)。

そして、多くの品種があります。

主には葉は重なっていて、球風の形をしています。

結球があるタイプや結球がないタイプがあります。

品種改良の主な具体例はブロッコリー、カリフラワー、ケール、メキャベツなどです。

気候条件によって1年生植物として活用できる事です。

1年生植物は、種子から発芽して1年以内に成長していく植物です。

さらに、多年生植物として利用する事ができます。

多年生植物は、固体として複数年に渡って生存する植物です。

ヨーロッパ諸国で栽培が始まって冷温帯で広く栽培が行われています。

古代エジプト時代は、薬草として利用されていました。

キャベツの作り方について

美味しい作り方は、キャベツを食べやすくする事がポイントです。

ビタミンCを含んでいるキャベツは加熱すると効用が減りますが、

軽く加熱してかさを減らす事で普段よりも多く食べる事ができます。

ちなみに、淡色野菜の中でビタミンCの含有量は多いです。

①キャベツは1個、豚肉(薄切り肉です)は300g(グラムです)、しょうがは15g、

味噌は大さじ5、お酒は大さじ2、ごま油は大さじ2、コショウは少々です。

②キャベツは縦4等分風のくし形に切って芯を落とします。

③豚肉は約8cm(センチメートルです)程度に切ります。

④ボウルに味噌、コショウ、ごま油、お酒を入れて混ぜます。

⑤豚肉はボウルに入れて絡めていきます。

⑥鍋にキャベツ、ボウル内の具、しょうがを入れます。

⑦水1/2カップを入れて蓋をして弱火で20分程度煮込みます。

⑧キャベツが柔らかくなるまで蒸し煮します。

⑨器に盛り付けして完成です(4人分です)。

 
 
    

Thank you